【SPONSORED LINK】

古文形容動詞の基本|ナリ活用,タリ活用

  
   

古文形容詞の基本|ク活用,シク活用,本活用,補助活用】の続きです.

古文において,形容詞と同じく,形容動詞は文法的にはそこまで難しいものではなく,問題になるのは「意味」と「活用」です.

このうち,「意味」は古文単語帳などで覚えてください.この記事では,形容動詞の「活用」について説明します.

現代語の形容詞の活用は1種類しかありませんが,古文の形容詞の活用には「ナリ活用」と「タリ活用」の2種類があります.この2種類の活用はほとんど同じです.

ですから,「ク活用」と「シク活用」は共に大切で活用を覚える必要はありますが,一方を覚えてしまえば他方は比較的簡単に覚えることができます.

また,形容動詞には形容詞のような本活用,補助活用に相当するものがなく,形容詞よりもさらに簡単です.

【SPONSORED LINK】

形容詞の特徴

形容詞の特徴は次の通りです.

  1. 物事の状態などを表す.
  2. 活用し,終止形の活用語尾が「なり」または「たり」である

1は現代語の形容詞と同じなので説明はよいでしょう.

2は「静かなり」,「清げなり」,「堂々たり」,「索々たり」のように,終止形が「〜なり」や「〜たり」の形になっています.

形容詞の活用の種類

冒頭でも述べたように,形容動詞の活用は「ナリ活用」と「タリ活用」の2種類あります.「ナリ活用」も「タリ活用」も「ラ変型(ら/り/り/る/れ/れ)」の活用をすることに注意すれば,覚えやすいでしょう.

なお,その形容動詞が「ナリ活用」なのか,「タリ活用」なのかは単語ごとに決まっています.

ナリ活用

たとえば,形容動詞「静かなり」,「清げなり」はナリ活用です.これらを例にとると,活用は次の通りです.

どちらも語幹が異なるだけで,活用語尾は同じです.

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
静かなり 静か なら なり/に なり なる なれ なれ
清げなり 清げ なら なり/に なり なる なれ なれ

タリ活用

たとえば,形容動詞「堂々たり」,「索々たり」はタリ活用です.これらを例にとると,活用は次の通りです.

どちらも語幹が異なるだけで,活用語尾は同じです.

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
堂々たり 堂々 たら たり/と たり たる たれ たれ
索々たり 索々 たら たり/と たり たる たれ たれ

ナリ活用とタリ活用の類似点

見ての通り,「ナリ活用」と「タリ活用」はかなり似ています.

連用形以外での違いは活用語尾の最初の文字が「た」なのか「な」なのか,の違いだけです.したがって,「ナリ活用」または「タリ活用」を覚えてしまえば,他方はその類似として簡単に覚えることができます.

連用形では,「なり」と「に」,「たり」と「と」の2種類ありますが,現代文にもあるような活用なので,直感的にもそこまで難しくはないでしょう.これについては後ほど説明します.

形容詞と違って,その単語が「ナリ活用」と「タリ活用」のどちらなのかで間違えることはないでしょう.

連用形「なり」と「に」,「たり」と「と」の使い分け

形容動詞の連用形について,ナリ活用には「なり」と「に」が,タリ活用には「なり」と「に」があります.ここでは,これらの使い分けについて説明します.

これらの使い分けとしては,

  1. 後ろに助動詞が続く場合は「なり」,「たり」
  2. それ以外の場合は「に」,「と」

とするのが基本です.

例えば,過去の助動詞「けり」は連用形に接続するので,「静かなりけり」,「堂々たりけり」となります.

それ以外の場合は「に」,「と」となります.例えば,「清げに流る」,「索々と,風吹きたり」,「静かにて」となります.これらは,それぞれ

  1. 用言(動詞,形容詞,形容動詞)を修飾する
  2. 一旦,文を区切る
  3. 助詞などが接続する

となっていますが,基本的には「助動詞が接続する場合以外は全て『に』か『と』」と思っておいて良いでしょう.

ただし,注意ですが,「に」,「と」になるのは「連用形接続の助動詞」に接続する場合に限られます.

上の例では「過去の助動詞『けり』は連用形に接続する」ので連用形の「に」になっていて正しいのですが,例えば「打ち消しの助動詞「ず」は未然形に接続する」ので,「静かならず」,「堂々たらず」と形容動詞の部分は単に未然形になります.

最後までお読み頂き,ありがとうございました!

良ければシェアボタンから共有をお願いします!

関連記事と記事一覧

以下,【関連記事】と【記事一覧】です.


記事一覧はこちら


SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

ページ

トップへ

記事

一覧へ

オススメ

参考書

Twitterを

フォロー