【SPONSORED LINK】

ひねられても応用できる数学の勉強法2|証明編2

前の記事【ひねられても応用できる数学の勉強法1|証明編1】の続きです.

前の記事では,問題集で書かれている解答と実際にその解答を思い付くまでの考え方は異なると書きました.

そして,実際に証明問題を解くときには,答えの方から逆にたどる逆算で考えるのだと書きました.

逆算でたどっていけばいつかは当たり前なところにたどり着くはずですから,解答はそこから逆に書けばいいわけです.

この記事では実際に例をあげて逆算の考え方をみます.

(問)実数a,b,ca+b+c=0をみたすとき,a^2-bc=b^2-ca=c^2-abであることを示せ.

【SPONSORED LINK】

考え方

丁寧にいきます.

Step.1

示すことはA「a^2-bc=b^2-ca=c^2-abですね.

まず考えることは「Aを証明するには,何を言えばいいのだろう?」です.

X=Y=Z」のように2つの等号によって繋がっている式は,「X=YかつY=Z」と式を2つに分けたものと同じでした.

ですから,「Aを証明するには

B『a^2-bc=b^2-caかつb^2-ca=c^2-ab

を言えばいいな」

と分かります.

Step.2

次に考えることは「Bを証明するには,何を言えばいいのだろう?」です.

等式を証明するときには,「(左辺)-(右辺)=0」を言えばいいのでした.

ですから,「Bを証明するには

C『(a^2-bc)-(b^2-ca)=0かつ(b^2-ca)-(c^2-ab)=0

を言えばいいな」と分かります.

Step.3.1

次に,Cの前半部分C'「(a^2-bc)-(b^2-ca)=0」を証明しますが,以下,簡単な注意点です.

いきなり「(a^2-bc)-(b^2-ca)=0より」と始める人がいますが,それは間違いです.というのも,まだC'の式が成り立つことは分かっていないので,(a^2-bc)-(b^2-ca)=0という情報を使ってはいけないからです.

このC'のような式を示す場合には左辺を変形していって,最終的に0にたどり着くようにすれば良いのです.

それでは,左辺を変形していきます.

(a^2-bc)-(b^2-ca)
=a^2-bc-b^2+ca
=(a^2-b^2)+(-bc+ca)
=(a-b)(a+b)+c(a-b)
=(a-b)(a+b+c)

さて,ここで問題の条件を見てみると,a,b,ca+b+c=0を満たしているので,C'が成り立ちます.

Step.3.2

Cの後半部分C"「(b^2-ca)-(c^2-ab)=0」もC'と同様に変形すると,(a-b)(a+b+c)となりa+b+c=0からC"も成り立ちます.

ですから,このC'とC"がこの問題での「当たり前な条件」に当たるわけです.

まとめ

以上から,答案の大まかな流れはa+b+c=0からC'とC"が成り立つからCが成り立つ.よって,Bが成り立つので,Aが示された.」とすればいいのです.

この流れで,次のように解答が書けます.

解答

仮定より,a+b+c=0なので,

(a^2-bc)-(b^2-ca)
=a^2-bc-b^2+ca
=(a^2-b^2)+(-bc+ca)
=(a-b)(a+b)+c(a-b)
=(a-b)(a+b+c)
=0

であり,

(b^2-ca)-(c^2-ab)
b^2-ca-c^2+ab
(b^2-c^2)+(-ca+ab)
(b-c)(b+c)-a(b-c)
(b-c)(a+b+c)
=0

である.よって,a^2-bc=b^2-caかつb^2-ca=c^2-abが成り立つので,a^2-bc=b^2-ca=c^2-abが示された.

まとめ

「解答」はこれだけ短いのに,「考え方」はけっこう長いですね.

この「解答」を書くためには,それだけの「考え方」が必要なのです.私もこの「解答」を書くために,この「考え方」をします.

数学ができる人は,さらっとこのような「解答」を書きます.しかし,「意識的」か「無意識的」かは分かりませんが,彼らは頭で上で書いたように「考え方」を立てています.

多くの問題集の解答は「考え方」を抜きにして「解答」だけが書かれているため,「解答」を読んだだけでは「なぜこのような『解答』を思いついたのか」が分からず,「こんなもん思い付けるか!!」となってしまうのです.

解答の裏には必ず「考え方」があります.問題集を読むときには,「その『解答』の裏にある『考え方』を自分で考える」ことで数学の感覚が身に付きます.

このことは,【ひねられても応用できる勉強法】で「問題を解いたら『なぜその解法で解けたのか』を考える」と書いたこととも関連しています.

次の記事では,以下の問を例に挙げて逆算で解きます.少し難しいですが,一度自分で考えてみてください.

(問)実数x,y,zx+y+z=aかつx^3+y^3+z^3=a^3をみたすとき,x,y,zのうち少なくとも1つはaであることを示せ.

次の記事【ひねられても応用できる数学の勉強法3|証明編3】に続きます.

関連記事

以下,関連記事です.

【良いと思ったらシェアを!】

SNSでもご購読できます。