【SPONSORED LINK】

2次試験の解答戦略|総合点を上げるための答案作成

  
   

多くの国公立大の合否はセンター試験と二次試験の結果を合算して判定され,私立大はセンター利用しない限り,基本的に二次試験の一発勝負になります.

二次試験の合格ボーダーラインを調べて,「今の実力で足りる,足りない」ということを考えることも大切です.

加えて,答案の作成の仕方を考えることも大切です.

特に,「どの問題を捨てて,どの問題を取りに行くか」,「どれくらい解答するか」という戦略を立てることも効果的です(正直なところ,そんなことをしなくても合格できるようになって欲しいところではありますが……).

この記事では,答案の解答戦略について書きます.

【SPONSORED LINK】

合格ラインの確認

自分が目指す大学の二次試験の合格最低点を調べてみてください.

センター試験の得点率にもよりますが,国公立大は多くの学部で二次試験で5~6割程度得点できればだいたい合格します.医学部のようなボーダーが高めの学部でも,7割程度あれば多くの場合で合格します.

ですから,最悪6割(医学部なら7割)しか解答欄が埋まらなくても,解答した問題が全問正解なら合格です.

自分の受ける大学は二次試験でどの程度の点数が必要なのかということは認識しておいてください.特に,私立大学では,合格点はまちまちで大学によりますから,自分で志望大学の合格ボーダーラインはしっかり確認してください.

「7割解答9割正解」を目指す

「多く解いて点数を上げる」という戦略をとる人が多くいます.それはそれで戦略の一つとしてありなのですが,それは意外と難しいです.

そもそも「多く解いて点数を上げる」ためには,それなりの解答スピードが必要です.そこまでの解答スピードがあれば,解答戦略などというまでもなく合格できることでしょう.

ですが,「合格のボーダーライン上にいる人が『多く解いて点数を上げる』という戦略をとってしまい,解けない一問にこだわりすぎ,時間だけが経ってあまり解けなかった」ということが実際によくあります.

解答欄をいかに埋めるかも重要なことですが,解答の精度を高めることも非常に重要なことです.というのも,入試では多く解こうとするのではなく,確実に正解を積み上げる方が点数が高くなることが多いからです.

それどころか,そもそも解答欄を全て埋めること自体が困難な大学もあるくらいですから,「解けるところを確実にとる」という戦略が効果的なことの方が多いでしょう.

本番の試験会場の中でミスをしない人はまずいないでしょう.誰でも少なからずミスをしてしまうものです.

ですから,上で書いたような「最悪6割(医学部なら7割)しか解答欄が埋まらなくても,解答した問題が全問正解なら合格」というのは,現実的には不可能に近いことです.

ですが,どれだけミスが多い人でも正答率を9割程度にもっていくことは可能です.

さて,正答率が9割の人が6割の点数を取るために,全部の問題のうちの何パーセント解答すればいいでしょう?

6÷9=0.66666……ですから,全問題の約6割7分解答すれば合格できるわけです.

本番は多少ミスが増えるとしても,目安として7割解答すれば良いでしょう.そうすれば,9割正解でいる人が7割解答できれば,6割3分得点できることになります.これは合格点です.

ですから,合格点のボーダーが6割なら,目指すのは「7割解答9割正解」です.

6割で合格できない学部でも「8割解答9割正解」であれば,得点は7割2分なのでほぼ合格できるでしょう.

正解率が低いと危険

逆に,解いた問題の正解率が6割の人は全問正解しても得点は6割です.合格点が高い学部ではかなり厳しい戦いを強いられることになります.

正解率が7割の人でも9割近く解答しなければ安心できません.これもかなり辛い試験になるでしょう.

自分の問題集用のノートを見返して,6割,7割しか正解できていなければ,かなり苦戦を強いられることになるでしょう.

正解率が低いとその分だけ多く解答しなければなりませんし,いま見たようにその差もかなり大きいです.試験では解答した全ての問題を正解できるとは思ってはいけません.

本番では普段よりも正解率は下がることでしょう.

解答スピードを求めることも重要ですが,正解率をないがしろにして「数打ちゃ当たる戦法」をとるのはかなり危険な戦法です.

普段から正答率を意識して勉強することも忘れないようにしてください.

最後までお読み頂き,ありがとうございました!

良ければシェアボタンから共有をお願いします!

関連記事と記事一覧

以下,【関連記事】と【記事一覧】です.


記事一覧はこちら


SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

ページ

トップへ

記事

一覧へ

オススメ

参考書

Twitterを

フォロー