【SPONSORED LINK】

頭に定着させる勉強法|意識すべき3つのポイント

  
   

勉強とは「知らなかったことを知ったり,できないことをできるようにすること」をいうわけですが,それがその場限りになってはいけません.

つまり,今日やった勉強で今日はできるようになったとして,それが明日,1週間後,1ヶ月後にまで残っていないと,結局実力にはなっていません.

【関連記事:勉強の効果が出る時期|「実力」と「成績」の差は何か

もちろん,1回やってずっと覚えていることはあり得ませんが,昨日やった内容程度は思い出せないとマズいです.

昨日の勉強では,「どの科目」の「どの分野」の「どんなポイント」の「どんな問題」だったか,をきちんと言えますか?さらに,それができたとして,その問題を応用できますか?

そのために,

  1. 今やっている勉強の位置付けを明確にする
  2. ポイントを捉える
  3. 勉強のあとに振り返る

を意識するだけでも,勉強の効果はかなりアップします.

【SPONSORED LINK】

今やっている勉強の位置付けを明確にする

結局のところ,今やっている勉強が入試の日に使えないと,時間の無駄とまでは言いませんが,今やっている勉強がかなり勿体無いことには違いありません.

ですが,昨日やった勉強の内容程度は覚えておいてしかるべきです.

「昨日はこの分野のこんな問題をやった.そして,ポイントはアレで解答はこうだ.」と言えなければ,昨日やった勉強は身に付いていません.

これを防ぐためには,「今やっている勉強で何に向かっているのか」ということをきっちり意識しておくことが大切です.

同じ分野のものが関わっていることは言うに及ばず,文系科目と理系科目の間でさえ繋がりがあることさえあります.

そのように,それぞれの知識が独立している「点の知識」ではなく,いろんなものと繋がりを持った「線の知識」として理解しておきたいところです.

「線の知識」は重要ですが,それだけでなく「点の知識」を繋げて勉強することでずっと忘れにくくなります.

ですから,「今やっている勉強は全体のどういう位置付けで,この分野とはこういう点で関わっている」ということを意識して勉強したいところです.

これをきちんと把握できていると,次の日に振り返ったとき,自分がどういうことをやっていたのかを思い出すことができます.

「メモリーツリー」というものを聞いたことがあるかもしれません.「メモリーツリー」が勉強として有効な理由は「点の知識」を「線の知識」できちんと繋げているからなのです.

様々な知識を繋げて理解することで深い理解となり,忘れにくい知識となる.

ポイントを捉える

「問題を解いて間違えたからもう一度解いた.すると,その問題は何も見ずに解けるようになった」

これは,きちんとやり直しをしていますし,とても素晴らしいことです.

しかし,そこで次の問題に進んでしまうのはとてももったいないのです.大事なことが抜け落ちています.

たとえば,(1)~(3)は全て類問なのに,「基本問題集で(1)は解けたのに(2)は解けない.やり直して(2)は解けるようになったのに,今度は(3)が解けない.」ということが,特に苦手な科目によくあります.

なぜでしょうか.

以下のような会話は,私と生徒の間でよくあります.

「(2)が解けません.」

「じゃあ,(1)はなんで解けたの?」

「これがこうなってて,この公式を使えるからです.」

「じゃあ,(2)はそうなってないの?」

「……いや,なってます!形はちょっと複雑だけど,その公式使えます!」

この生徒は公式を適切に使えますし,分かっていないわけではないのです.

問題集の(1)は公式をそのまま使える問題が多いのですが,(2)や(3)では少しひねって出題してきます.しかし,本質は同じなので,(1)が「なぜ解けたの」かがきちんと見極められていれば(2)や(3)も解けるはずなのです.

ですから,基本問題を解いたあとは「なぜその問題が解けたのか」を考えるようにしてください.ポイントとなる部分には印を付ける癖をつけると良いです.

解答を追うことができても,「なぜその問題が解けたのか」を言えなければ,ただ公式を丸暗記的に適用しただけでよく分かっていない恐れがあります.

逆に,「なぜその問題がその解法で解けたのか」を言えれば,同じ「なぜ」が使える問題は同じ解法で解けることになります.

基本問題から得るべきものは「なぜその問題が解けたのか」という「セオリー(定石)」です.基本問題が解けても定石が分かっていないと,少しひねられただけで解けなくなってしまいます.

「なるほど,そういうことか!!」と納得したことは今でも記憶に残っている,という経験は誰にでもあるはずです.

自分で「なるほど!」と納得できるように「なぜ」の答えを探すことで,頭に定着させるのです.

「えー,そんなに時間ないし……」と遠回りに思うかもしれませんが,一回少し時間をかけて「なぜ」を理解してしまえば,その後の問題も解けるはずですし,ポイントをおさえて解けるのでスピードも上がります.

問題を解いたあとは,「なぜその問題がその解法で解けたのか」を考えることで,少し捻られても解ける柔軟性が身につきます.

勉強のあとに振り返る

勉強が終わった後に,そのときにした勉強を頭の中で思い返すことも効果的です.3分から10分程度で構いません.

学校の帰りなら,電車の中で思い返すことでもいいです.分かっていなかったらノートで確認できます.

一日に何時間も勉強すれば,大まかには覚えていても細かい部分は意外と忘れているものです.

それを最後にもう一度思い返してみるのです.そして,思い出せなかったらしっかり確認します.

思い出す頻度が高い情報は長期記憶に残りやすいということは【英単語の暗記法1|目指すべき英単語レベルと効率的な暗記法】に書いたとおりですが,勉強を終えたあとにもそれを利用するのです.

忘れた頃に意識的に復習を行うことで勉強の効果はアップします.

何度も思い出す情報は長期記憶に残りやすい.よって,忘れた頃に復習することで定着度が上がる.

最後まで読んで頂きありがとうございました!

良ければ下のシェアボタンから共有をお願いします.

関連記事

以下,関連記事です.

【良いと思ったらシェアを!】

SNSでもご購読できます。