【Sponsored Link】

優秀な学校や,優秀なクラスに入る3つのメリット

中学受験,高校受験では優秀な中学に入る,優秀な高校に入ることがよく望まれます.予備校なら,優秀なクラスに入ることが望まれます.

以下では「優秀な高校に入ること」について書いていますが,以下で述べる3以外は「予備校の優秀なクラスに入ること」と読み替えてることも可能です.

優秀な学校に入るメリットはとてもたくさんあります.

それらメリットを一言でまとめると「環境が良い」ということなのですが,その中で私が重要だと思うものを挙げます.

【Sponsored Link】

モチベーションが高まる

何かをする上で「モチベーション」つまり「やる気」というのはとても重要なファクターになってきます.

モチベーションがある場合とない場合で何が変わってくるのかというと,それは「集中力」です.

モチベーションが高いという状態は言い換えれば「積極性」が高いということです.自分から何かをする,自分で考えて何かをする,ということです.

一方,モチベーションが低いという状態は「積極性」が低いということですから,自分から何かを得ようという考えが低くなります.これでは伸びるものも伸びません.

さて,優秀な学校に入るということは,周りにも同じように勉強する仲間がいるということです.「やるのが当たり前」という環境なわけです.

これはとても刺激になります.

その「やるのが当たり前」という環境が自分の中に定着すればこっちのものです.自然と自分の意識がモチベーションの高い状態に移っていきます.

負けず嫌いのススメ」にもこれに関連した内容が書いてあります.参考にしてください.

良い先生が集まる

これは優秀な学校に入る最大級のメリットでしょう.

「分かりやすく,リズムよく速い授業」をする先生が多くいます.誰に教わるかということはとても重要なことです.

あまり悪口は言いたくないのですが,中堅以下の私立学校や公立学校にはたまに酷い先生がいます.

教科書をそのまま写して,問題集の解答もそのまま読み上げる.そのうえ,質問には「分からない」の一言.挙句の果てには間違ったことを教える始末.

本来,そのようなことがあってはならないはずですが,私が受け持った生徒の中にはそのような先生に教わる生徒が何人かいました.

予備校なら事務に数人でねじ込めば変えてもらえる場合がありますが,悲しいことに学校ではそうはいきません.

優秀な学校に入れば優秀な先生に教えてもらえることが多く,それだけ伸びも良くなります.

行事が多い

これは勉強に関係がない,むしろ時間が無くなって良くないのではないかという意見もありますが,そうでないと思います.

行事の意義は主に次の2つです.

  1. 自分の世界を広げる
  2. 勉強のあいだの休息

自分の世界を広げる

この1は勉強にあまり関係ありませんが,学校の行事の最大の目的はこちらでしょう.

学校は勉強するためだけの場所ではありません.勉強するだけなら塾や予備校で良いのです.学校は「勉強」に加えて,仲間と過ごして「社会性や知恵を身に付ける」ことも目的としています.

「自分の世界を広げる」というのは「社会性や知恵を身に付ける」ということです.

勉強の間の休息

この「休息」というのはあまり重視されていませんが,机から離れて休息するということも勉強においてとても重要なことです.

気持ちでは疲れていなくても,体が疲れていることが多いのです.ですから,気付かないうちに調子が悪くなっていることもあります.

リラックス,リフレッシュして体を休めたあとに,勉強すると前より集中力が増して「あ,疲れてたんやな」と気付くことが多いのです.リラックス,リフレッシュの効果は体験すれば分かりますが,する前とした後では本当に集中力が変わります.

体が不調だと頭の調子にも悪影響を与えますから,適度に体を休めることは重要なのです.

【Sponsored Link】

SNSでもご購読できます。