【SPONSORED LINK】

すき間時間の使い方の2つのポイント

  
   

すき間時間を見つけて勉強することは馬鹿にはできません.たかだか10分でも,この10分が1日に6回あれば1日1時間もプラスで勉強できますし,これが1ヶ月になれば丸1日もプラスで勉強できることになります.

試験前は数分が惜しくなります.入試前1週間ともなると,学校の帰りに自転車に乗りながらでも,単語帳を開きたくなるくらい,必死に勉強時間をかき集めるようにもなります.

今はまだそこまで思わないかも知れませんが,「あそこができていない」「ここがまだ不十分だ」などの焦燥感や危機感は,入試前になればなるほど募ってくるものです.

入試前に焦るのは当然ですから,もっと前の今からすき間時間を有効活用できるように,10分であっても勉強時間は確保しておきたいものです.

どうしてこんな当たり前のことを書くのかというと,すき間時間を効果的に使うのは意外と難しく,あまり効率の良くない勉強に使ってしまっていることも多いのです.

その10分も積もれば山になることを今から意識しておいてください.

【SPONSORED LINK】

すき間の使い方

すき間時間は

  1. 復習
  2. 暗記モノ

に充てるのが効果的です.

復習

すき間時間の使い方は人によって様々です.英単語を覚えるなり,歴史の記憶をするなり,公式の確認をするなり,使い方は自由ですが一つ気を付けておくべきことがあります.

それは「すき間時間でするべき勉強は復習」ということです.すき間時間に新しいことをするのはオススメしません.

というのは,新しいことをするためには,まとまった時間が必要だからです.

たとえば,数学の公式について勉強しようとしても,初めて勉強するわけですから論理を追う必要があります.ですから,10分のすき間時間では終わらない可能性が高いのです.

そして,いずれはまた同じところを勉強することになるわけですから,これではそこの10分は無駄になっています.いや,予習になったという意味では無駄ではありませんが,二度手間感は拭えません.

このような理由から,すき間時間は「復習」に使うのがより効果的です.

復習なら一回やったところなので,多かれ少なかれある程度は分かっているはずですから,10分でも見返すことができます.復習は大事だと分かりながらも新しいことをやりたくなるものですが,すき間時間は「復習」に充てるようにしてください.

すき間時間は復習に充てるのがより効果的.

暗記モノ

すき間時間の勉強は復習であればだいたい良いのですが,私はとくに「暗記モノ」をオススメします.

というのは,「論理モノ」は「暗記モノ」と違って,実際に書かないと身につかないことが多いからです.「論理モノ」をすることで

ですから,すき間時間で机に向かえるのなら「論理モノ」でも構いませんが,向かえないのなら「暗記モノ」をするのが良いでしょう.

なお,暗記法については【英単語の暗記法1|目指すべき英単語レベルと効率的な暗記法】【英単語の暗記法2|反復記憶法が有効な2つの理由と3つの注意点】にも書いたように,何周も繰り返す方法が良いでしょう.

また,「論理モノ」はひとつであってもやや時間がかかる場合もあり,結局「すき間時間」の間に終わらなくて途中で止めなければならないこともあります.

このように,1つ1つに時間がかからないという点でも「暗記モノ」をオススメします.

すき間時間の勉強はきちんと活用できればとても効果のある方法ですから,めんどくさがらずに今のうちから習慣化してください.

すき間時間は暗記モノに充てるのが良い.ただし,机に向かえるのであれば,論理モノでも良い.

マルチタスクについて

すき間時間を探し出して使うことは大切なことですが,時間効率を求めるあまりかえって非効率になっている時間の使い方をしている生徒がいます.

その具体例として,「マルチタスク」があります.「マルチタスク」とは,同時にいくつものことをこなすを言います.作業系のデスクワークなどではマルチタスクができれば非常に効率的です.

例えば,「数学の問題を解きながらリスニングをする」,「食事をしながら単語帳をする」といったものですね.下手をすると効果がないどころか逆効果になってしまう危険性はあります(後者は行儀も悪いですし).

基本として「勉強とマルチタスクは相容れない」ことは知っておくべきでしょう.

しかし,考えながら行わなければことに関してマルチタスクをすると,どっちつかずになってしまい「結局どちらも残らない」ということになってしまいます.

上で書いた「数学の問題を解きながらリスニングをする」というものですが,もし「少しでも英語を浴びようと英語をBGMにして,数学をする」というのならまだあり得ます.

しかし,がっつり英語を聞きながら数学をする,というのではどっちつかずになってしまうでしょう.それならば別々にする方が断然良いです.

また,「食事をしながら単語帳をする」ですが,食事にはさほど頭は使いませんが,それでも食事は英単語の邪魔になります(し,とてつもなく行儀も悪いです).

さっと食事をして,しっかり英単語をやった方がずっと効率が良いです.マルチタスクをするくらいなら,さっさと別々にやった方が習得率も良いですし,時間も短くて済みます.

マルチタスクは「すき間時間の利用」ではない.勉強にマルチタスクはかえって時間効率が悪い.

最後まで読んで頂きありがとうございました!

良ければ下のシェアボタンから共有をお願いします.

関連記事

以下,関連記事です.

【良いと思ったらシェアを!】

SNSでもご購読できます。