【SPONSORED LINK】

長期的な目標を決める|今何すべきか逆算して考える

  
   

勉強をするにあたって,目標をどう定めるかということはとても重要です.おおまかに,目標には短期的なものと長期的なものの2通りあります.

例えば,「今日はここまで仕上げる」,「今週中にどの分野をできるようにする」といったものは短期的な目標で,「〜月までにこの科目は標準レベルまで解けるようにする」といったものは長期的な目標ですね.

先に長期的な目標を決めてから,短期的な目標はその長期的な目標に沿うように決めるのが良いでしょう.

短期的な目標だけでは,時間が足りなくなったり,科目によってかける時間が偏ったりします.このように,長期的な目標についても早い段階からしっかり考えておく必要があります.

短期的な目標の決め方は【苦手科目の成績をアップさせる3つのポイント】にも書いているので,この記事では省略します.

【SPONSORED LINK】

意外と時間はない

たとえば,A君は国公立志望の理系だとします.

A君は「センター対策」として国語,英語,リスニング,数学IA,数学IIB,理科1,理科2,社会,「二次対策」として英語,数学,理科1,理科2だとします.京大や東大なら二次試験でさらに国語もあります.

A君はこれだけのものをやらなければならないわけですがどうでしょう?

まず,4月から1月のセンター試験までの時間は9ヶ月,2月の二次試験までの時間は10ヶ月です.今からだと,それぞれ7ヶ月,8ヶ月です.

「二次対策」として各科目を仕上げるのに3ヶ月もかけてしまうと,それだけで12ヶ月が過ぎてしまいますからタイムオーバーです.少なくとも2ヶ月以内に仕上げたいところです.できれば1ヶ月半以内に仕上げられれば理想です.

もし二次試験に国語があるなら,さらにスピードが必要です.

さて,二次対策で1.5×4=6ヶ月かかるとすると,残りは3ヶ月ですが3ヶ月で「センター対策」が間に合うでしょうか?国公立理系志望なら,数学,理科,英語は二次対策である程度できるようになるとして,問題は国語と社会でしょう.

国語は古典,漢文,現代文がありますから,国語と社会だけで実質4科目です.となると,センター社会は半月から1ヶ月以内に仕上げる必要があります.これは結構厳しいですよ.

もちろん,得意不得意で仕上がるまでの期間は違いますし,1ヶ月半の間同じ科目しかしないわけでもないでしょうが,意外と時間がないのが分かるでしょう.

もし,あなたに武器と呼べる科目がなければ,今から必死に始めなければならないでしょう.

計画する

1年を通して全てをまんべんなくやるのはあまりおすすめしません.6月から7月半ばまでは数学を重点的にやろう,その次の1ヶ月半は英語,というように特定の科目を集中的にレベルアップさせるように勉強計画を作るのが良いです.

もちろんその間はその科目だけをやるのではなく他の科目もすべきですが,一つの科目を集中してレベルアップをはかるわけです.

そのために,入試までまだ少し時間のある今のうちに苦手な科目に本腰を入れ始めるべきでしょう.得意な科目は遅く始めてもまだ間に合うかもしれませんが,苦手科目は時間がかかります.

というのも,苦手な科目ほど「やったのに解けない」が起こりがちで,早めに手をつけてどんどん復習して自分のものにすることが必要だからです.復習には時間がかかるので,早めに始めないと間に合わない可能性があるのです.

このことは【「やったのに解けない」をなくす勉強法】で詳しく書いています.

また,センター対策はセンター試験前にまとめてやるのがいいでしょうから,センターの4か月前から徐々にセンター対策に移行し,2ヶ月前にはほぼセンターに焦点を当てた勉強をすると良いです.

そうすると,センター後は二次試験までに1ヶ月程度しかありませんから,10月頃までにある程度二次力を養っておく必要もあります.

どうでしょうか?あと4ヶ月ですが,10月までに二次力を身につけられそうですか?

一年のどの時期に何をするべきかということは,今すぐにでも考えておくべきです.

最後まで読んで頂きありがとうございました!

良ければ下のシェアボタンから共有をお願いします.

関連記事

以下,関連記事です.

【良いと思ったらシェアを!】

SNSでもご購読できます。