【SPONSORED LINK】

三角比一覧

三角比7|【余弦定理】は「三平方の定理」の進化版!

三角形に関する三角比の定理として重要なものに

  • 正弦定理
  • 余弦定理

があります.[正弦定理]は前回の記事で説明しました.

[余弦定理]は直角三角形で成り立つ[三平方の定理]の拡張パックで,これがどういうことか分かれば,そう苦労なく余弦定理の公式を覚えることができます.

また,[余弦定理]には実は

  • 第1余弦定理
  • 第2余弦定理

の2種類があり,いま述べた[三平方の定理]の進化版なのは第2余弦定理の方です.

この記事では,第2余弦定理を中心に[余弦定理]について解説します.

第2余弦定理

単に「余弦定理」といえば,普通はこの第2余弦定理を指します.

三平方の定理

第2余弦定理を説明する前に,三平方の定理を簡単に復習しておきましょう.

[三平方の定理] \ang{B}=90^\circ\tri{ABC}について,以下が成り立つ.

    \begin{align*} \mrm{CA}^2=\mrm{AB}^2+\mrm{BC}^2 \end{align*}

Rendered by QuickLaTeX.com

三平方の定理はその名の通り,3辺の平方(2乗)の関係式のことでした.

なお,三平方の定理は別名「ピタゴラス(Pythagoras)の定理」ともいいますね.

余弦定理の考え方

三平方の定理は直角三角形にのみ使える定理で,直角三角形でなければ三平方の定理は途端に使えなくなります.

そこで,\ang{B}が直角でないときに,どのようになるのかを述べた定理が第2余弦定理です.

[(第2)余弦定理] \ang{B}=\theta\tri{ABC}について,以下が成り立つ.

    \begin{align*} \mrm{CA}^2=\mrm{AB}^2+\mrm{BC}^2-2\mrm{AB}\times \mrm{BC}\times\cos{\theta} \end{align*}

Rendered by QuickLaTeX.com

さて,

  • 三平方の定理(\ang{B}=90^\circ)の場合
  • 余弦定理(\ang{B}=\theta)の場合

を比べると,

  • \mrm{CA}^2=\mrm{AB}^2+\mrm{BC}^2
  • \mrm{CA}^2=\mrm{AB}^2+\mrm{BC}^2-2\mrm{AB}\times \mrm{BC}\times\cos{\theta}

ですから,余弦定理の場合には-2\mrm{AB}\times \mrm{BC}\times\cos{\theta}の項が三平方の定理に付け加えられているだけですね.

つまり,\ang{B}90^\circから\thetaにズレると,-2\mrm{AB}\times \mrm{BC}\times\cos{\theta}分だけ右辺がズレるというわけです.

こう考えると,パッと見ではややこしそうに見えますが,三平方の定理に一つ項を加えるだけですから,それほど難なく覚えることができますね.

なお,ベクトルを学ぶと内積とも関連付けて考えることができて,さらに覚えやすくなりますが,ここでは割愛します.

余弦定理は三平方の定理の拡張であり,\ang{B}90^\circから\thetaになったとき\mrm{CA}^2=\mrm{AB}^2+\mrm{BC}^2の右辺が-2\mrm{AB}\times \mrm{BC}\times\cos{\theta}だけ変化する.

余弦定理の例

証明は後回しにして,余弦定理を具体的に使ってみましょう.

例1

\mrm{AB}=3, \mrm{BC}=2, \mrm{CA}=\sqrt{7}\tri{ABC}を考えます.

Rendered by QuickLaTeX.com

余弦定理より,

    \begin{align*} &\mrm{CA}^2=\mrm{AB}^2+\mrm{BC}^2-2\mrm{AB}\times \mrm{BC}\times\cos{\ang{B}} \\\iff& 7=9+4-2\cdot2\cdot3\cdot\cos{\ang{B}} \\\iff& 12\cos{\ang{B}}=6 \\\iff& \cos{\ang{B}}=\frac{1}{2} \\\iff& \ang{B}=60^\circ \end{align*}

と分かります.

例2

\mrm{AB}=2, \mrm{BC}=3, \ang{B}=120^\circ\tri{ABC}を考えます.

Rendered by QuickLaTeX.com

余弦定理より,

    \begin{align*} &\mrm{CA}^2=\mrm{AB}^2+\mrm{BC}^2-2\mrm{AB}\times \mrm{BC}\times\cos{\ang{B}} \\\iff& \mrm{CA}^2=4+9-2\cdot2\cdot3\cdot\cos{120^\circ} \\\iff& \mrm{CA}^2=19 \\\iff& \mrm{CA}=\sqrt{19} \end{align*}

と分かります.

3辺の長さと1つの内角が絡む場合に,余弦定理を用いることができる.

余弦定理の証明

それでは余弦定理\mrm{CA}^2=\mrm{AB}^2+\mrm{BC}^2-2\mrm{AB}\times \mrm{BC}\times\cos{\theta}

  • \ang{A}\ang{B}がともに鋭角の場合
  • \ang{A}が鈍角の場合
  • \ang{B}が鈍角の場合

に分けて証明しましょう.

[1] \ang{A}\ang{B}がともに鋭角の場合

頂点Cから辺ABに下ろした垂線の足をHとします.

Rendered by QuickLaTeX.com

\tri{HBC}において,

  • \mrm{BH}=\mrm{BC}\cos{\theta}
  • \mrm{CH}=\mrm{BC}\sin{\theta}

である.よって,\tri{AHC}で三平方の定理より,

    \begin{align*} \mrm{CA}^2 =&\mrm{AH}^2+\mrm{HC}^2 \\=&(\mrm{AB}-\mrm{BH})^2+\mrm{CH}^2 \\=&(\mrm{AB}-\mrm{BC}\cos{\theta})^2+(\mrm{BC}\sin{\theta})^2 \\=&(\mrm{AB}^2-2\times\mrm{AB}\times\mrm{BC}\cos{\theta}+\mrm{BC}^2\cos^2{\theta})+\mrm{BC}^2\sin^2{\theta} \\=&\mrm{AB}^2+\mrm{BC}^2(\cos^2{\theta}+\sin^2{\theta})-2\times\mrm{AB}\times\mrm{BC}\cos{\theta} \\=&\mrm{AB}^2+\mrm{BC}^2-2\times\mrm{AB}\times\mrm{BC}\cos{\theta} \end{align*}

となって,余弦定理が従います.

[2] \ang{A}が鈍角の場合

頂点Cから直線ABに下ろした垂線の足をHとします.

Rendered by QuickLaTeX.com

\tri{HBC}において,

  • \mrm{BH}=\mrm{BC}\cos{(180^\circ-\theta)}=-\mrm{BC}\cos{\theta}
  • \mrm{CH}=\mrm{BC}\sin{\theta}

である.なお,BHに関して,180^\circ-\theta形の変換公式は以下の記事を参照してください.

よって,\tri{AHC}で三平方の定理より,

    \begin{align*} \mrm{CA}^2 =&\mrm{AH}^2+\mrm{HC}^2 \\=&(\mrm{BH}-\mrm{AB})^2+\mrm{CH}^2 \\=&(\mrm{BC}\cos{\theta}-\mrm{AB})^2+(\mrm{BC}\sin{\theta})^2 \end{align*}

となって,あとは[1]と同様に余弦定理が従います.

[3] \ang{B}が鈍角の場合

頂点Cから直線ABに下ろした垂線の足をHとします.

Rendered by QuickLaTeX.com

\tri{HBC}において,

  • \mrm{BH}=\mrm{BC}\cos{(180^\circ-\theta)}=-\mrm{BC}\cos{\theta}
  • \mrm{CH}=\mrm{BC}\sin{(180^\circ-\theta)}=\mrm{BC}\sin{\theta}

である.よって,\tri{AHC}で三平方の定理より,

    \begin{align*} \mrm{CA}^2 =&\mrm{AH}^2+\mrm{HC}^2 \\=&(\mrm{AB}+\mrm{BH})^2+\mrm{CH}^2 \\=&(\mrm{AB}-\mrm{BC}\cos{\theta})^2+(\mrm{BC}\sin{\theta})^2 \end{align*}

となって,あとは[1]と同様に余弦定理が従います.

第1余弦定理

それでは,第1余弦定理の説明に移ります.

[第1余弦定理] \tri{ABC}について,以下が成り立つ.

    \begin{align*} \mrm{AB}=\mrm{CA}\cos{\ang{A}}+\mrm{CB}\cos{\ang{B}} \end{align*}

Rendered by QuickLaTeX.com

\ang{A}\ang{B}がともに鋭角の場合には,頂点Cから辺ABに下ろした垂線をHとすれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

  • \mrm{AH}=\mrm{CA}\cos{\ang{A}}
  • \mrm{BH}=\mrm{CB}\cos{\ang{B}}

なので,

    \begin{align*} \mrm{AB} =&\mrm{AH}+\mrm{BH} \\=&\mrm{CA}\cos{\ang{A}}+\mrm{CB}\cos{\ang{B}} \end{align*}

となって,第1余弦定理が成り立つことは簡単に分かりますね.

また,\ang{A}が鈍角の場合には,頂点Cから辺ABに下ろした垂線をHとすれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

  • \mrm{AH}=\mrm{CA}\cos{(180^\circ-\ang{A})}=-\mrm{CA}\cos{\ang{A}}
  • \mrm{BH}=\mrm{CB}\cos{\ang{B}}

なので,

    \begin{align*} \mrm{AB} =&\mrm{BH}-\mrm{AH} \\=&\mrm{CB}\cos{\ang{B}}-(-\mrm{CA}\cos{\ang{A}}) \\=&\mrm{CA}\cos{\ang{A}}+\mrm{CB}\cos{\ang{B}} \end{align*}

となって,この場合にも第1余弦定理が成り立つことが分かりますね.

また,AとBは対称なので,\ang{B}が鈍角の場合にも同様に成り立ちます.

第1余弦定理は\ang{A}\ang{B}がともに鋭角である場合に成り立つことはすぐに分かるので,覚える場合のは難しくない.

三角比の次は三角関数を学びましょう.


三角比6|【正弦定理】の使い方を具体例から考えよう

三角比を学んで非常に役立つ定理が【正弦定理】と【余弦定理】です.

sinのことを「正弦」,cosのことを「余弦」というのでしたから,【正弦定理】がsinを使う定理で,【余弦定理】がcosを使う定理だということは容易に想像が付きますね.

【正弦定理】と【余弦定理】は三角形の「辺の長さ」と「角の大きさ」についての定理で,図形を考えるときには基本的な定理です.

この記事では,まず【正弦定理】について説明します.

続きを読む


三角比5|(180°-θ)型の変換公式はめっちゃ簡単!

直角三角形を用いて三角比を定義するのでは,0^\circ<\theta<90^\circなる\thetaに対してしか\sin{\theta}, \cos{\theta}, \tan{\theta}を考えることはできないのでした.

そこで,前回の記事では単位円を使って0^\circ\leqq\theta\leqq180^\circなる\thetaに対しても,\sin{\theta}, \cos{\theta}, \tan{\theta}の場合に考えられるようになりました.

この記事では\sin{(180^\circ-\theta)}, \cos{(180^\circ-\theta)}, \tan{(180^\circ-\theta)}\sin{\theta}, \cos{\theta}, \tan{\theta}で表す(180^\circ-\theta)型の三角比の変換公式を考えます.

また,(180^\circ-\theta)型の三角比の変換公式を使うことで,三角形の面積を\sinで表すことができます.

続きを読む


三角比4|角度が90°以上の三角比はこう考える!

三角比は直角三角形の1つの鋭角を\thetaとして考えるので,0^{\circ}<\theta<90^{\circ}の場合にしか\sin{\theta}, \cos{\theta}, \tan{\theta}を考えることができませんでした.

つまり,直角三角形で三角比を考えると\sin{45^\circ}\cos{60^\circ}などを定義することはできますが,\sin{120^\circ}\cos{135^\circ}などを定義することができません.

そこで,0^{\circ}<\theta<90^{\circ}以外の場合にも\sin{\theta}, \cos{\theta}, \tan{\theta}を考えようというのが,今回の記事の目標です.

「そんなもん定義して何になんの?」

と思うかもしれませんが,これがとても役に立つのです.

具体的には,後の記事で扱う【正弦定理】と【余弦定理】を考えるときに,三角比の角度\theta90^\circ以上の場合に定義されていると便利なのです.

この記事では,0^\circ\leqq \theta\leqq 180^\circを満たす\thetaに対して\sin{\theta}, \cos{\theta}, \tan{\theta}を考え,いくつかの基本的な三角比の性質を説明します.

続きを読む


三角比3|実は当たり前!?3つの(90°-θ)型の変換公式

前々回の記事では三角比\sin{\theta}, \cos{\theta}, \tan{\theta}を定義し,前回の記事ではこれらの間の4つの関係式

  1. \tan{\theta}=\dfrac{\sin{\theta}}{\cos{\theta}}
  2. \cos^{2}{\theta}+\sin^{2}{\theta}=1
  3. 1+\tan^{2}{\theta}=\dfrac{1}{\cos^{2}{\theta}}
  4. 1+\dfrac{1}{\tan^{2}{\theta}}=\dfrac{1}{\sin^{2}{\theta}}

について解説しました.

これまで,三角比の角度は\thetaで考えてきましたが,角度\thetaが別のものに置き替わったものを\sin{\theta}\cos{\theta}\tan{\theta}を使って表したいことがあります.

三角比では,\sin{(90^\circ-\theta)}, \cos{(90^\circ-\theta)}, \tan{(90^\circ-\theta)}がそれぞれ\sin{\theta}, \cos{\theta}, \tan{\theta}を使って表すことができます.

そして,これら3つの公式はのちに出てくる三角関数の公式と混同して分からなくなりがちなのですが,実は証明はとてもシンプルなため,この証明が理解できていれば悩むことはなくなります.

本記事では,これら(90^\circ-\theta)型の3つの角度の変換公式について説明します.

続きを読む


三角比2|sin,cos,tanの超重要な4つの関係式

前回の記事では三角比\sin{\theta}\cos{\theta}\tan{\theta}を定義し,30^\circ60^\circ90^\circの三角比の値を計算しました.

さて,三角比\sin{\theta}\cos{\theta}\tan{\theta}は独立したものではなく,互いに関係性をもっています.この関係式は全部で4つあり,三角比の計算をする上では非常に重要です.

また,角度\thetaが変わったときに,三角比もどのように変わるのかも知りたいところです.

三角比では\sin{(90^\circ-\theta)}\cos{(90^\circ-\theta)}\tan{(90^\circ-\theta)}がそれぞれ\sin{\theta}\cos{\theta}\tan{\theta}を使って表すことができ,この3つの角度の変換公式が重要です.

本記事では,これら三角比の間の4つの関係式と,3つの角度の変換公式を説明します.

続きを読む


三角比1|三角比って何?三角比の考え方から解説!

三角関数は高校数学で非常に大きく扱われる分野であり,実際に使いこなせると非常に便利な道具の一つです.

中学数学までは直角三角形などの特殊な三角形でしかなかなか辺の長さを求められなかったのが,三角比,三角関数の登場で今まで長さが求められなかった辺に長さを「名付ける」ことができるようになります.

一方で,この便利さを実感するためには,変換公式などの基本事項をさっと使えるようになっておく必要があり,この段階でつまずいてしまう生徒は少なくありません.

定義はルールですからしっかり覚える必要はありますが,公式についてはある程度は覚えやすい考え方やコツがあります.

この一連の記事では,できるだけ覚えることが少なく済むように,三角関数を説明します.

この最初の記事では,三角比の定義と,有名角の三角比の値を説明します.

続きを読む


記事

一覧へ

Twitterを

フォロー

TouTube

を見る

オススメ

参考書