【SPONSORED LINK】

読書感想文の書き方|意識しておきたい9つのポイント

  
   

夏休みの宿題では,多くの人が読書感想文に悩みます.しかし,学校の先生が読書感想文の書き方を教えてくれることはほとんどないため,

「どうやって書いたらええんや……」

となってしまう人が多いのは当然とも言えます.

なお,課題図書として小説やドキュメンタリーが多くあげられることが多く,読書感想文は基本的にそういった物語系の本を読んで書くことが多いです.

この記事では,

  1. 読書感想文の趣旨
  2. 読書感想文の考え方
  3. 読書感想文の書き方

に分けて,全部で9つのポイントを考えてみます.

【SPONSORED LINK】

本の紹介文ではない

私はよく家庭教師で読書感想文の課題を出すのですが,その感想文が本の内容の紹介文になっていることがよくあります.

しかし,読書感想文で要求されているのは,その本のあらすじではありません.

あくまで感想文である

読書感想文は,あくまで「感想文」であるということを忘れてはいけません.つまり,本を読んであなたが何を感じ,どのようなことを考えたのかを書くのが読書感想文です.

もし,みんなが本の紹介文を書いて提出すれば,どれもだいたい同じような内容になるはずですから,「読書感想文コンクール」は「本をいかに上手く紹介するかコンクール」になってしまいます.

しかし,それでは面白くありません.

本の紹介文を書けば本を読んだ証明にはなるかもしれませんが,学校の先生にとってみれば「いや,読んだ感想を読みたいんやけど……」というところでしょう.

例えば,あなたが映画を見て感動したときや,何かいいことがあって嬉しかったときには,誰かにそれを話したくなりますね.その内容をどうにかして相手に伝えようと一生懸命人に話すのは,まさに「感想文」を書いているのと同じです.

読書感想文で要求されていることは,そういった「感想文」なのです.

感じたこと,考えたことを書くのが読書感想文である.

普段の国語の授業との違い

国語の授業の目的は

  1. 文章を正しく読み取れるようになることこと
  2. 文章で正しく伝えられるようになること

です.しかし,普段の国語の授業では,この「1.文章を正しく読み取る」の方に偏っていることが多いです.

というのは,教科書に載っている小説や評論を読んで,その著者の意図や表現を読み取るのが普通の国語の授業です.つまり,最初に何かを伝えたがっている「向こう側の人」がいて,その人の文章を読んで進んでいくのが普段の国語の授業です.

小説の作者や評論の著者は,読者に分かってもらいたい何かを伝えるためにその文章を書いていて,それを読み取るわけですね.

一方,「2.文章で正しく伝える」の方は作文などで培われるのですが,あまり普段の国語の授業では扱いません.

この「文章で正しく伝える」というのは,「向こう側の人」の意見を読み取るのとは逆に,あなたが「向こう側の人」にならなければなりません.

読書感想文で要求されているのは「自分で伝えたいことを,文章で伝えなさい」ということです.

こう考えると,読書感想文は普段の国語の授業でやっていることとはずいぶん違うわけですね.

国語の授業では,「向こう側の人」の意見を読み取る.読書感想文では,あなたが「向こう側の人」になって,あなたの伝えたいことを文章で適切に表現する.

何を考えながら読むか/何を書くか

読書感想文は「あなたが感じたこと,考えたことをどれだけあなたは自分の言葉で表現できますか?」という課題なわけですから,自分で感じたことや考えたことがなければ書けるはずがありません.

ですから,本を読み終わって「ああ,面白かった」というのでは感想文は書けません.ただ,淡々と字面を追うだけでは,感想も湧いてこないでしょう.

感想のタネ

例えば,どんなに似ている人でも考えていることに少しの違いはあるものですから,あなたと著者の思想や感覚にも違いはあるでしょう.

そのような,著者とあなたの「ズレ」があるところには,驚きや反発などが生まれます.この驚きや反発は感想のタネになります.

なぜ,あなたはそのような驚きをもったのか,なぜその部分に反発を覚えたのか,それを自分の中で探して書けばそれは「あなたが感じたこと,考えたことを表現した文章」になっています.

これはまさしく読書感想文です.

このように考え方が違うところも感想のタネになりますし,強い共感を覚えた箇所も感想のタネになります.

ともかく,自分の中で感じたものを深く掘り下げていくことが,読書感想文のポイントになります.

何かを感じたところ,何かを考えたところが「感想のタネ」になる

読書感想文の難しさ

とはいえ,話を掘り下げることは読書感想文での難しいところでもあります.いや,読書感想文だけではなく,全ての作文の難しさでしょう.

単に「〜は違うと思った」で終わっていては,読み手としても面白くありません.「違うと思った」のは何故なのか,など話を掘り下げることで,読み応えのある文章になります.

そこに,そう思うに至った自分の体験などがあれば,よりあなたのオリジナリティーあふれる文章になり,良い読書感想文になります.ありきたりの感想文は,読んでも面白くないですからね.

ですから,しっかり話を深められないと,どこにでもありそうな感想文になってしまうのです.

感想のタネを掘り下げて,オリジナリティーを出す.

読書感想文の分量

夏休みの宿題で課される読書感想文の分量は,400字詰めの原稿用紙3枚〜5枚程度であることが多いです.ですから,最低でも1000字と少しは必要となります.

「1000字とはなんと多い!」と思う人も少なくないと思うかもしれませんが,読書好きな人にしてみれば「自分の伝えたいことは山ほどあるのに,5枚しか書けないのか」といったところだと思います.

例えば,この記事は間もなく2000字を超えますから,ここまででも原稿用紙に直せばおそらく5枚はオーバーしています(分かりやすく伝えるために繰り返し書いていることも多いですが).

と,ここで見返して欲しいのはネタの数です.ここまでで,この記事のネタは見出しになっている2個程度です.少しのネタの数でも2000字程度は十分に書けてしまうのです.

コツとしては,一つのネタの中でもいくつかのセクションに分けて書くと,書きやすいでしょう.実際,この記事もそうなっていますね.読書感想文でと2,3個のネタでも十分な分量が書けます.

多くネタを使ってしまうと,どれも浅い文章になってしまい,読み手には何も残らない文章となってしまいます.

ですから,「ネタをいくつかに絞って,それらをしっかり掘り下げて書く」ということが大切なのです.

ただストーリーを追うのではなく,自分がどう思ったのかを考えながら読む.また,ネタを絞ってオリジナリティーのある深い文章を目指す.

読書感想文を書くためのステップ

ここまでで読書感想文ではどのようなことを書くべきなのかを考えてきましたが,ここからは実際にどのような手順で読書感想運を書くのが良いのかを考えてみます.

「感想文」を書くのに手順があるのはなんとなく嫌な気がする人がいるかもしれませんが,ここで書く方法はあくまで基本でしかありません.

感想文だけではなく,何事にも基本があって,自分のオリジナリティーはそれを土台にして作っていくものですから,まずはこの基本をきっちり押さえてください.

ポイントは先ほど書いた「感想のタネ」です.

感想のタネをリストアップする

「感想文」を書くための土台となる「感想のタネ」を見つけるのが大切だということは,先ほど説明した通りです.

「感想のタネ」にするのに簡単なのは「話の転換点」です.例えば,主人公が重大な決断をしたときや,予想外の出来事が起こったときなどは「話の転換点」ですね.

いうまでもなく,「話の転換点」は作者にとってもとても重要な場面です.ですから,その周辺に作者は読者に伝えたい何かを潜ませていることが多いです.そこで,作者が伝えたいことを読み取り,そこで感じ,考えたことを「感想のタネ」にするのです.

また,特になんでもないところを「感想のタネ」にできれば,それは他の感想文と違った面白い感想文にできます.

話の転換点は誰にでも驚き,共感,感動があるため,皆同じような感想になりがちです.ですから,特になんでもないところでの驚き,共感,感動で得た感想は,人と違ったオリジナリティーのある良い感想文になります.

このように,まずは自分が本のどこの部分について感想を書くのかを,少し多めにリストアップしてみてください.

理由を考える

あなたがリストアップした「感想のタネ」ですが,あなたがリストアップしたには理由があるはずですから,次はその理由を考えます.

その理由は,先ほど書いたように驚き,共感,感動などですね.ただし,「単にストーリーが面白いから」といった理由はあまりよくありません.

というのも,作者は最初に何か伝えたいことがあって,それを表現するために小説などの本を書いているはずです.ですから,あくまでストーリーは表現を乗せるために使っているのであって,ストーリーは本質ではないからです.

そうではなく,ストーリーが面白いと思ったのであれば,「登場人物の動揺を見事に描き出しているから」や「登場人物の決断に悲しさと共感を覚えたから」など,ストーリーの中で作者が伝えたいと思ったことを理由とするのがポイントです.

ここで考える理由はそれほど長いものでなくても構いません.もし,ここで理由付けに窮してしまうなら,その「感想のタネ」を感想文にするのは難しいですから,切ってしまうのがいいかもしれません.

考えた理由に肉付けする

次に,いま考えた理由に「肉付け」して,内容を深めます.つまり,「感想のタネ」として選んだ理由を,説得力あるものにするのが「肉付け」です.

「肉付け」する方法はいくつかありますが,「自分が体験したことや聞いたこと」が手っ取り早いです.

この場合には,「〜の場面での登場人物の動揺は,以前に自分も感じたことがある.」などとして,自分の体験談を書いていくことになります.

もしくは,難易度は上がりますが,自分が知っている知識などから「……ということがあり,〜の場面での登場人物の動揺はまさにそういったことを表しているように見える.」などと,分析から入るのもあるかもしれません.

「肉付け」する方法はたくさんありますが,この「肉付け」の作業は最もオリジナリティーが現れるところで,どのように書いていくかしっかり考えたいところです.

1つの「感想のタネ」に対して,この「肉付け」はいくつかあって構いません.

構成を考える

ここまでで読書感想文を書く内容の準備が整いました.

話し下手な人の話は「なんか伝えたいのは分かるけど,よく分からない」のと同じように,伝えたいことがあってもそれを「分かりやすく伝える」ことはとても大切です.

そのために考えることは「構成」です.

なんでもそうですが,内容がいかに素晴らしくても,構成が悪ければ伝わらない可能性があります.ですから,相手にどのように書けば伝わりやすいのかを考えることが大切です.

全体の構成

全体の構成は次のようにすると,分かりやすいですね.

  1. 全体のあらすじを書く
  2. 感想を2,3個書く
  3. まとめを書く

最初の「全体のあらすじ」は,感想文としてはそれほど重要ではありませんが,その続きの「感想」に繋がるように書くのが良いでしょう.ただし,長くなりすぎるとまとまりがなくなる恐れがあるので,あくまで簡潔に書くのが良いでしょう.

続いての「感想」ですが,ここが読書感想文の最も大切な部分で,1つの感想に原稿用紙1枚以上は使いたいところです.肉付けした「感想のタネ」を先ほど考えましたが,それがここで活きます.詳しくは,次の「感想の構成」に述べます.

「まとめ」はなくてもそれほど問題はないと思いますが,全体をまとめて締めることができれば良い読後感のある文章に仕上がります.

感想の構成

最も重要な「感想」の部分の構成ですが,ここは「感想のタネ」をもとに「感想」の部分を書くことになるわけですが,最初の数行で「感想のタネ」のあらすじを簡単に説明し,続けて「感想のタネ」とした「理由」,「肉付け」を書いていきます.

ですから,「感想のタネ」のあらすじが自然に読めるように,最初の「全体のあらすじ」が書けていると,読みやすくて良いですね.

このように,「感想のタネ」→「理由」→「肉付け」と書いていくのが基本的で分かりやすいです.

なお,「感想のタネ」は多めにリストアップしておくのがよい,と書きましたが,この「感想」を書く段階で最もあなたの感想が伝わりやすいように選択します.

読書感想文は原稿用紙に向かう前に,次のステップで準備すると良い.

  1. 「感想のタネ」を少し多めにリストアップする
  2. 「感想のタネ」として挙げた理由を考える
  3. 理由に肉付けをして,内容を深める
  4. 感想が伝わりやすいように「感想のタネ」を選択し,構成を考えて書く

まとめ

あなたが書く読書感想文の「向こう側」には,いつでも読者がいることを忘れてはいけません.

ピンとこないかもしれませんが,「ただ書いただけ」の文章は分かります.一方,あなたが何かを伝えようとして書く文章には,必ず想いが込もります.

いきなり原稿用紙に向かうのではなく,書く前にどういうことを伝えたいのかを整理しておくだけで,ずいぶん書きやすくなりますし,想いが込もります.

感想文に限らず,プロとして文章を書いている人ほど,この準備をしっかり考えてから書いています.彼らは文章の「向こう側」の人に何かを伝えるためには文章を書く前の準備がとても大切であることを知っているからです.

また,ここに書いた方法はあくまで基本です.もっと効果的に伝える方法はいくらでもあります.

しかし,そういった効果的な「技」は何かを伝えようと書いた文章で使ったときにだけ意味があります.ただ単に「技」を駆使しても,「痛い文章」になりかねません.

ですから,何回でも書きますが,やはりまずは「自分が伝えたいこと」をしっかり整理することが大切なのです.実際,この記事も「自分の伝えたいことをどうやって整理するか」という方法を書いただけですからね(笑).

この「自分の伝えたいことを伝える」ということが,まさしく読書感想文の基本なのです.

それでは,よい読書感想文が書けることを祈っています.

最後までお読み頂き,ありがとうございました!

良ければシェアボタンから共有をお願いします!

関連記事と記事一覧

以下,【関連記事】と【記事一覧】です.


記事一覧はこちら


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

ページ

トップへ

記事

一覧へ

オススメ

参考書

Twitterを

フォロー