【SPONSORED LINK】

論理と集合一覧

論理と集合5|対偶はどういう時に使う?対偶の性質

論理と集合の基本4|命題と集合の関係】の続きです.

この記事では,命題の「逆」,「裏」,「対偶」について説明します.「逆」と「裏」に関しては目新しい重要な定理はないのですが,「対偶」に関しては次の定理が成り立ちます.

命題「p\Rightarrow q」の真偽は,その対偶「\overline{q}\Rightarrow\overline{p}」の真偽に一致する.

この事実は非常に重要で,背理法の根拠にもなっています.

続きを読む


論理と集合4|命題を集合を使って考える超便利な方法

前回の記事では,条件pqに対するp\Rightarrow qの形の命題について,「必要条件」と「十分条件」を説明しました.

条件は集合を用いて表すことができるのですが,命題の真偽を集合の包含関係を用いて考えることができます.

この記事では,条件pをみたす集合Pと条件qをみたす集合Qを考えたときの,命題p\Rightarrow qと集合P, Qの関係について書きます.

続きを読む


論理と集合3|「必要条件」「十分条件」は論理のド基本

数学では「仮定」が何で,「結論」が何かということを意識するのは非常に重要です.

これを間違えるとまったく意味のない議論になってしまい,すべてが破綻することもあります.

たとえば,「pであるとき,qを証明せよ.」という問いで,証明の中でqを使ってしまうという誤りがよくあります.

これは「まだqが成り立つか分かっていないのに,qが成り立つ前提で話を進めてしまっている」というのが間違いです.

この記事では,論理関係の基本として,必要条件,十分条件について詳しく説明します.

続きを読む


論理と集合2|補集合の計算は「ド・モルガンの法則」

前回の記事の中で

  • 和集合
  • 共通部分
  • 補集合

について説明しました.これらを組み併せた

  • 共通部分の補集合\overline{A\cap B}
  • 和集合の補集合\overline{A\cup B}

がどうなるのかを教えてくれる定理として「ド・モルガンの法則」があります.

「ド・モルガンの法則」は補集合を考える際に基本的な定理なので,当たり前に使えるようになっておいてください.

続きを読む


論理と集合1|「集合」は数学の共通語!集合の基礎知識

集合は数学の基礎で,ほとんどの数学の基礎は集合にある大切な概念です.

しかし,高校数学の中で集合をハッキリと意識することはそれほどないと思いますし,大学で専門的に数学をする場合以外でそこまで意識しなくてもそれほど問題はない場合が多いのも事実です.

しかし,高校数学でも「場合の数」や「確率」などの分野で積極的に集合を扱う場面もあるため,集合の扱いには慣れておく必要があります.

この記事では,集合の基礎知識を整理します.

続きを読む


背理法2|背理法が有効な証明の2つのタイプと例

背理法1|背理法の仕組みと例】の続きです.

前回の記事では,「背理法」の基本的な考え方を説明しました.「最初に結論が間違っていると決め付けて,それを利用して矛盾を導くことでその決めつけが間違っている」という論法が「背理法」でした.

例えるなら,「相手の嘘を暴くには,相手にその嘘と矛盾することを喋らせれば良い」というわけですね

この記事では,どのようなタイプの証明に「背理法」が有効なのかを説明します.また,その理由も説明します.

続きを読む


背理法1|背理法はこう考える!仕組みを具体例から理解する

数学の証明には色々な論法が用いられますが,その中でも「背理法」は非常に重要な証明法です.

「背理法」は本質には「命題とその対偶の真偽は一致する」という事実があります.

【参考記事:論理と集合の基本5|「逆,裏,対偶」と対偶の利用

背理法を用いて証明するものの代表としては,「\sqrt{2}が無理数である」や「素数は無限に存在する」などが挙げられます.

また,受験数学では有名な\tan{1^{\circ}}は無理数か.」という京都大学の過去の入試問題も背理法を使って解くことができます.

この記事ではまず「背理法」がどんな論法なのかを説明し,次の記事で「背理法」がどのような証明に対して有効なのかを説明します.

続きを読む


記事

一覧へ

Twitterを

フォロー

TouTube

を見る

オススメ

参考書

大学数学の

姉妹ブログ