【SPONSORED LINK】

古文動詞の基本2|紛らわしいア行,ヤ行,ワ行動詞の判別

古文動詞は様々な種類の活用があるのでした.その際,

  • 3つの変格活用 (カ変,サ変,ラ変)
  • 上一段活用
  • 下一段活用

は数が限られているため,これらの動詞を先に覚えてしまえばスムーズに活用による分類ができることを前回の記事で説明しました.

さて,このような「活用」による分類とは別に,「行」による分類もあります.行による分類の中でも

  • ア行動詞
  • ヤ行動詞
  • ラ行動詞

も限られたものしかないので,これらも覚えてしまうのがよいでしょう.

また,これらの判別の仕方も大切なので,しっかり判断できるようになっておいてください.

【SPONSORED LINK】

ア行,ヤ行,ワ行

50音順のア行,ヤ行,ワ行は次のようになっています.

50音順のア行,ヤ行,ワ行
ア段 イ段 ウ段 エ段 オ段
ア行
ヤ行
ワ行

現代の日本語で省略されがちな部分を赤で表しています.

特に問題なのは今ではあまり見かけない「ゐ」と「ゑ」だと思いますが,これらはワ行にのみ現れますね.

ア行,ヤ行,ワ行の動詞

ア行,ヤ行,ワ行の動詞はほぼ限られているので,覚えてしまうのが得策です.特に,

  • ア行の動詞は(複合動詞を除けば)「()」のみ
  • ワ行の動詞も5個しかない

ということは意識しておいてよいでしょう.

ア行の動詞

ア行の動詞は複合動詞を除けば「()」に限り,これ以外にはありません.

活用は以下の通りです.

ア行動詞
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
() (得) うる うれ えよ

前回の記事で説明したように,この「()」は「下二段活用」です.

さて,「複合動詞を除けば」と書きましたが,複合動詞とは「(こころ)()」や「(ところ)()」のような,「動詞の頭に言葉が付加されてできた動詞」を言います.

しかし,複合動詞の頭の部分は活用に全く関係しないので,活用はもともとの動詞の部分の活用に従います.

実際,「(こころ)()」や「(ところ)()」はいずれも「下二段活用」で,以下のような活用になります.

ア行動詞(複合動詞)
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
() うる うれ えよ
() うる うれ えよ

語感が変わっているだけで,活用語尾は「()」と全く同じですね.

ア行動詞は,複合動詞を除けば「ア行下二段活用」の「()」しかない.

ヤ行の動詞

ヤ行の動詞には,「上二段活用」,「上一段活用」,「下二段活用」があり,これらのうち

  • 上二段活用は3語「()ゆ」,「()ゆ」,「(むく)ゆ」のみ
  • 上一段活用は2語「る」,「る」のみ

です.ただし,下二段活用はたくさんあるので,覚える必要がありません.

とくに,()る」,「()る」は,数少ない上一段活用の一つという点でも,覚えておかなければなりませんね.

さて,これらの活用は以下のようになります.

ヤ行動詞(上二段,上一段)
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
() ゆる ゆれ いよ
() ゆる ゆれ いよ
(むく) ゆる ゆれ いよ
() (射) いる いる いれ いよ
() いる いる いれ いよ

「ヤ行」であることと併せて,上の3語は「ヤ行上二段活用」,下の2語は「ヤ行上一段活用」となります.

ヤ行はイ段が「い」,エ段が「え」であることに注意して下さい.「ゐ」や「ゑ」ではハッキリ間違いです.

ヤ行動詞は

  • 「ヤ行上二段活用」の「()ゆ」,「()ゆ」,「(むく)ゆ」
  • 「ヤ行上一段活用」の「る」,「る」

を覚える.また,「ヤ行下二段活用」はたくさんある.

ワ行の動詞

ヤ行の動詞には,「上一段活用」,「下二段活用」しかなく,

  • 上一段活用に2語「()る」,「()る」
  • 下二段活用に3語「()う」,「()う」,「()う」

です.とくに,()る」,「()る」は,数少ない上一段活用の一つという点でも,覚えておかなければなりませんね.

さて,これらの活用は以下のようになります.

ワ行動詞
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
() (居) ゐる ゐる ゐれ ゐよ
() (率) ゐる ゐる ゐれ ゐよ
() うる うれ ゑよ
() うる うれ ゑよ
() うる うれ ゑよ

です.これらは,「ワ行」であることと併せて,上の2語は「ワ行上一段活用」,下の3語は「ワ行下二段活用」となります.

ワ行はイ段が「ゐ」,エ段が「ゑ」であることに注意して下さい.「い」や「え」ではハッキリ間違いです.

ワ行動詞は

  • 上一段活用に2語「()る」,「()る」
  • 下二段活用に3語「()う」,「()う」,「()う」

を覚える.他にはない.

ア行,ヤ行,ワ行の動詞の判別法

ア行の動詞,ヤ行の動詞,ワ行の動詞は紛らわしいことがありますが,判別はできなければなりません.

以下の2つが判別法になるでしょうか.

  1. ア行動詞,ワ行動詞を覚える
  2. 活用語尾の文字

なお,これらはどちらでも瞬時に判断できて欲しいレベルです.

判別法1

英単語を覚えるように,古文動詞も

  • ア行動詞
  • ヤ行動詞の「下二段活用」と「上一段活用」
  • ワ行動詞(「上一段活用」と「下二段活用」)

は覚えてください.

とくに,ア行動詞とワ行動詞は合わせて6個しかないので,これらを覚えてしまえば判別ができますね.

判別法2

ヤ行,ワ行のイ/ウ/エ段には同じひらがなが含まれていないので,活用語尾を見れば判別ができます.

つまり,

  • 活用語尾の中に「い/ゆ/え」があれば,ヤ行動詞
  • 活用語尾の中に「ゐ/う/ゑ」があれば,ワ行動詞

となります.

まとめ

それでは,最後にア行の動詞,ヤ行の動詞,ワ行の動詞の分類表を書いて終わりにしましょう.

ア行,ヤ行,ワ行動詞
ア行 ヤ行 ワ行
上二段活用 ()ゆ,()ゆ,(むく)
下二段活用 () (多数) ()う,()う,()
上一段活用 ()る,() ()る,()

このように表にして見ると,意外と覚えるものは少ないですね.

最後までありがとうございました!

以下の関連記事もいかがですか?

【SPONSORED LINK】

記事一覧はこちらからどうぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

記事

一覧へ

Twitterを

フォロー

TouTube

を見る

オススメ

参考書

大学数学の

姉妹ブログ