古文形容動詞の基本|ナリ活用,タリ活用と使い分け

古文形容動詞でよく問題になるのは

  • 意味
  • 活用

です.これらのうち「意味」は古文単語帳などに譲るとして,この記事では形容動詞の「活用」について説明します.

現代語の形容動詞の活用は1種類しかありませんが,古文の形容動詞の活用には

  • ナリ活用
  • タリ活用

の2種類があります.とはいえ,これら2種類の活用に本質的な違いはありません.

ですから,本質的に「ナリ活用」と「タリ活用」の一方を覚えてしまえば,他方はそこから同様に理解することができます.

形容動詞には形容詞のような「本活用」「補助活用」に相当するものがなく,形容詞よりも簡単です.

形容動詞の特徴

形容動詞の特徴は次の通りです.

  • 動作などの状態を表す
  • 活用し,終止形の活用語尾が「なり」または「たり」である

「物事の状態などを表す」は現代語の形容動詞と同じですね.

一方の「活用し,終止形の活用語尾が『なり』または『たり』である」については,たとえば形容動詞の終止形が

  • 静かなり
  • 清げなり
  • 堂々たり
  • 索々たり

となっているということですね.

形容詞の活用の種類

冒頭でも述べたように,形容詞の活用は「ナリ活用」と「タリ活用」の2種類あります.

形容詞が「ナリ活用」をするのか「タリ活用」をするのかは単語ごとに決まっています.

「ナリ活用」も「タリ活用」もラ変型(ら/り/り/る/れ/れ)の活用をすることに注意すれば,覚えやすいでしょう.

また,注意すべきポイントは連用形が2パターンあることですが,これはあとで説明することにして先に活用をみてみましょう.

ナリ活用

たとえば,ナリ活用形容動詞

  • 静かなり
  • 清げなり

は以下のように活用します.

ナリ活用
形容動詞 語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
静かなり 静か なら なり/に なり なる なれ なれ
清げなり 清げ なら なり/に なり なる なれ なれ

タリ活用

たとえば,タリ活用形容動詞

  • 堂々たり
  • 索々たり

は以下のように活用します.

タリ活用
形容動詞 語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
堂々たり 堂々 たら たり/と たり たる たれ たれ
索々たり 索々 たら たり/と たり たる たれ たれ

連用形の使い分け

形容動詞の活用表を見てみると,

  • ナリ活用の連用形は「なり」と「に」
  • タリ活用の連用形は「たり」と「と」

の2種類ありますね.これらは

  • 後ろに連用形接続の助動詞が続く場合は「なり」「たり」
  • それ以外の場合は「に」「と」

と使い分けられます.

例えば,過去の助動詞「けり」は連用形に接続するので,

  • 静かなりけり
  • 堂々たりけり

となります.

一方,後ろに助動詞がこない場合は,例えば

  • 清げに流る
  • 索々と風吹きたり
  • 静かに

となります.

なお,連用形接続でない助動詞には,別の活用が接続するので気にする必要はありません.例えば,打ち消しの助動詞「ず」は未然形に接続するので

  • 静かなら
  • 堂々たら

と普通に形容動詞は未然形になります.

最後までありがとうございました!

参考になった方は是非シェアをお願いします!

フォローする

以下の関連記事もいかがですか?

SPONSORED LINK
関連記事

記事一覧はこちらからどうぞ!

記事

一覧へ

Twitterを

フォロー

TouTube

を見る

オススメ

参考書

大学数学の

姉妹ブログ