【SPONSORED LINK】

古文動詞の基本2|紛らわしいア行動詞,ワ行動詞の判別

古文動詞の基本1|動詞の活用の基本の総まとめ】の続きです.

前回の記事では,動詞の活用の「種類別(四段活用,サ行変格活用など)」に動詞の活用をまとめました.

この記事では,活用の「行別(ア行,ヤ行など)」に動詞の活用をまとめます.

カ行~マ行,ラ行の動詞は紛らわしいことはないのですが,ア行の動詞,ヤ行の動詞,ワ行の動詞の区別は紛らわしいことが多いです.

ア行,ヤ行,ワ行に属する動詞の区別はできるようにっておかなければなりません.

【SPONSORED LINK】

ア行,ヤ行,ワ行

50音順のア行,ヤ行,ワ行は次のようになっています.

ア段 イ段 ウ段 エ段 オ段
ア行
ヤ行
ワ行

問題は,現代ではほとんど使われない赤で示した部分でしょう.

ヤ行のイ段,エ段はそれぞれ「い」,「え」です.

また,ワ行のイ段,ウ段,エ段はそれぞれ「ゐ」,「う」,「ゑ」です.今ではあまり見かけない「ゐ」と「ゑ」ですが,これらはワ行にのみ現れます.

ア行,ヤ行,ワ行の動詞

ア行,ヤ行,ワ行の動詞は大体決まっているので,覚えてしまうのが得策です.特に,ア行の動詞は(複合動詞を除けば)「()」のみしかなく,ワ行の動詞も5個しかありません.

また,判別するだけなら,ア行の動詞が「()」のみであることを知っていれば,ヤ行,ワ行の動詞も判別できます.

ア行の動詞

今書いたように,ア行の動詞は複合動詞を除けば()」に限ります.これ以外にはありません.活用は,

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
() (得) うる うれ えよ

です.活用の形を見れば分かるように,これは「下二段活用」ですから,「ア行」と併せて「ア行下二段活用」となります.

また,複合動詞についてですが,たとえば「心()」や「所()」などが複合動詞と呼ばれます.これらはどちらも「ア行下二段活用」で,

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
() うる うれ えよ
() うる うれ えよ

となります.これら複合動詞は語感が変わるだけで,活用語尾は「()」と全く同じです.

ヤ行の動詞

ヤ行の動詞は上二段活用に3語「()ゆ」,「()ゆ」,「(むく)ゆ」上一段活用に2語「()る」,「()る」あり,下二段活用に多数あります.

上一段活用の「()る」,「()る」は【古文動詞の基本1|動詞の活用の基本の総まとめ】にも書いてあるので,これらは「上一段活用」ということ,「ヤ行の動詞」ということの両方と関連させて覚えておいてください.

活用は

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
() ゆる ゆれ いよ
() ゆる ゆれ いよ
(むく) ゆる ゆれ いよ
() (射) いる いる いれ いよ
() いる いれ いよ

です.これらは,「ヤ行」であることと併せて,上の3語は「ワ行下二段活用」,下の2語は「ワ行上一段活用」となります.

ヤ行はイ段が「い」,エ段が「え」であることに注意して下さい.「ゐ」や「ゑ」ではハッキリ間違いです.

また,「ヤ行下二段活用」の動詞はたくさんあります.

ワ行の動詞

ワ行の動詞は下二段活用に3語「()う」,「()う」,「()う」上一段活用に2語「()る」,「()る」しかありません.

上一段活用の「()る」,「()る」は【古文動詞の基本1|動詞の活用の基本の総まとめ】にも書いてあるので,これらは「上一段活用」ということ,「ワ行の動詞」ということの両方と関連させて覚えておいてください.

活用は

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
() うる うれ ゑよ
() うる うれ ゑよ
() うる うれ ゑよ
() (居) ゐる ゐる ゐれ ゐよ
() (率) ゐる ゐる ゐれ ゐよ

です.これらは,「ワ行」であることと併せて,上の3語は「ワ行下二段活用」,下の2語は「ワ行上一段活用」となります.

ワ行はイ段が「ゐ」,エ段が「ゑ」であることに注意して下さい.「い」や「え」ではハッキリ間違いです.

ア行,ヤ行,ワ行の動詞の判別法

ア行の動詞,ヤ行の動詞,ワ行の動詞の区別はできなければなりません.ですが,判別の仕方は全く難しいものではありません.

また,以下で説明する2つは判別法というほど大げさなものでもありません.サクッと身に付けてください.

判別法1

手っ取り早いのは,ア行の動詞「()」,ワ行の動詞「()う」,「()う」,「()う」,「()る」,「()る」を覚えてしまう方法です.

もちろん,いずれはすべて覚えてなければなりませんから,この「覚えてしまう方法」は非常に重要です.

判別法2

もう一つは,動詞が「()」でなく,

  1. 活用語尾に「い」「ゆ」「え」があれば「ヤ行の動詞」
  2. 活用語尾に「ゐ」「う」「ゑ」があれば「ワ行の動詞」

という判別法です.これは,ヤ行,ワ行は同じひらがなが含まれていないので,この判別ができます.

これを使うと瞬時にヤ行なのかワ行なのか判別できます.

まとめ

ア行の動詞,ワ行の動詞,ヤ行の動詞の分類は次の表のようになります.

ア行 ヤ行 ワ行
上二段活用 ()ゆ,()ゆ,(むく)
下二段活用 () (多数) ()う,()う,()
上一段活用 ()る,() ()る,()

古文形容動詞の基本|ナリ活用,タリ活用】に続きます.

関連記事

以下,関連記事です.

【良いと思ったらシェアを!】

SNSでもご購読できます。