電池と電気分解

電池と電気分解

電池と電気分解6
陽極と陰極の反応4パターンを理解する

電極の種類や溶液の中のイオンの種類によって,電気分解の陽極と陰極の反応は大まかに4パターンの反応に分けられます.この記事では,どのような場合にどんな反応が起こるかを整理します.
電池と電気分解

電池と電気分解5
電気分解の基本と,電池と電気分解の違い

化学電池は組み立てれば自動的に反応が進もうとする一方で,電気分解は電流を流すことで生じる受動的な反応という点が大きく異なります.この記事では電気分解の基礎と,電池と電気分解を解説しています.
電池と電気分解

電池と電気分解4
鉛蓄電池の仕組みと反応はとてもシンプル

高校化学でも頻出の「鉛蓄電池」は車のバッテリーとして利用されるなど,現代社会ではなくてはならない電池です.鉛蓄電池は汎用性が高いにも関わらず,仕組みはシンプルなので少しのポイントさえ掴めば簡単に理解できます.
電池と電気分解

電池と電気分解3
ボルタ電池とダニエル電池の仕組みと違い

世界初の化学電池であるボルタ電池は,シンプルがゆえに「分極」が起こるという欠点を持ち合わせています.そこで,分極が起こらないように改良したダニエル電池が発明されました.この記事ではボルタ電池とダニエル電池についてまとめます.
電池と電気分解

電池と電気分解2
イオン化傾向から電流の向きを判断する

化学電池とは「酸化還元反応を利用して電子e⁻の移動を生じさせる装置」のことでした.この記事では,化学電池の電流(電子e⁻の移動)の向きを判断するために重要なイオン化傾向を解説しています.
電池と電気分解

電池と電気分解1
電池ってどういう仕組み?電流の正体とは

そもそも電流とは「電子e⁻の流れ」のことで,電池は「電子e⁻の流れ発生させる装置」ということができ,化学電池は酸化還元反応を用いて電流を発生させる装置です.この記事では化学電池の仕組みを基礎から説明します.
タイトルとURLをコピーしました