【SPONSORED LINK】

勉強の効果が出る時期|「実力」と「成績」の差は何か

  
   

厳しい事実ではありますが,「勉強してもすぐには実力がつかない」ということは知っておく必要があります.したがって,もし「勉強をすれば目を見張るようにグングン実力がつく」という考えを持っているなら,それは改めたほうが良いでしょう.

「じゃあどれくらいで実力がつくの?」ということですが,いまやっている勉強の結果が成績に表れてくるために必要な期間は基本的に「3ヶ月」です.

もちろん,勉強の方法や科目によって差はありますが,この「3ヶ月」が目安になります.「3ヶ月」続ければ「お?なんか色々解けるようになってきた?」という感覚がつかめるようになってくるのですが,残念ながら1ヶ月,2ヶ月でしぼんでしまう人は結構いるように思います.

3ヶ月経たずに諦めてしまう人でよくある理由が,「試験では解けてもそれが残らない」,「覚えてもすぐ忘れる」ということです.これは勉強法が悪いということも考えられますが,人の記憶はそこまで万能なわけではありません.使わない記憶はすぐに忘れるものですし,なんなら「人間は忘れるのが得意な生き物である」くらいに考えていても良いくらいです.

川に土砂を流しても,多くは堆積せず流れていきますが,流れずに少しだけ川底に堆積することもあります.何回も何回も流すうちに,総堆積量は増えていきます.

勉強はこれと同じです.「1度に覚えようとする」のではなく「少しずつ確実に知識を蓄積させていく」ことが大切なのです.

【SPONSORED LINK】

「実力」と「成績」の違い

定期試験で「成績」を上げるのは,はっきり言って簡単です.一度本気で2週間前からテスト範囲を猛勉強すれば,必ず試験の点数は上がります.成績表を見れば,席次も上がっていることでしょう.

しかし,問題は「それで『実力』が付いたと言えるのか」ということです.

もちろん,試験の問題が解けている以上,多少「実力」がついているのはそうなのでしょうが,「『成績』が上がったことで安心していいのか」ということです.

結論から言えば,「成績が上がる」のと「実力が上がる」のは別物です.

この話をするためには,「『実力』とは何か」ということを書く必要があります.

勉強における「実力」という言葉には多くの人のいろいろな意見があるとは思いますが,それでも多く共通していることは「いつ出題されても解ける力」です.

つまり,ここで私が言いたいことは「試験では点数が取れていったん成績が上がっても,試験が終わったらもう解けない」ということになっていないか,ということです.

実はこれはよくあることなのです.一時期に特定の部分を頑張っても,それだけでは試験が終わって1週間も経つと忘れているということがよくあるのです.

もし,このような状況になっていれば,本番の入試のための勉強では苦労する恐れがあります.「定期試験では解けたのに,入試対策の時期になるとまったく思い出せない」,「あのとき,あれだけ頑張ったのにもう忘れてる……」ということになりかねません.

言うなれば「ドーピング式の勉強」になっている,ということです.そのときはパワーを発揮するけど,抜けるとパワーがなくなってしまう.

あくまで本番は入試なのであり,後にまで頭に残る勉強をするべきです.「ドーピング式の勉強」ではダメなのです.

定期試験で点数が取れても,そこで身につけた知識が残っていないと実力がついたとは言えない.入試が目標である以上,いつ出題されても解けるようにすることが必要である.

「思い出すこと」が実力につながる

「実力」が「いつ出題されても解ける力」なら,「いつでも思い出せるようにする勉強法」が「実力」に直結する勉強法だと言えます.さらに,「いつでも思い出せるようにする」というのは,「長期記憶に移す」ということと同義です.

人間がある情報を「長期記憶」として脳に収めるのは,その情報が必要だからです.逆に,必要でない情報は「長期記憶」としては残らないといえます.

脳に「その情報は必要だ!」と思わせることができれば,「長期記憶」として脳にインプットするためにできるわけですが,そのために非常に有効な方法が「繰り返し思い出す」ということです.

つまり,忘れたものを思い出して「ああ,そうだった!」となった情報は脳に残りやすいのです.

【参考記事:「やったのに解けない」をなくす勉強法

これをグラフとして表したものに「(エビングハウスの)忘却曲線」というものがあります.「忘却曲線」を知っている人は少なくないと思います.

「忘却曲線」を簡単に説明すると,勉強した内容を100としたとき,たとえば10分後,1時間後,1日後には100のうちどれだけのことを覚えているか,というのをグラフにしたものです.

「忘却曲線」では,「復習した場合のグラフ」と「復習しなかった場合のグラフ」が描かれているのですが,「復習した場合」は「忘却が緩やかになる」のです.

ここで重要なのは,「復習して点数が上がること」なのですが,その理由が「復習すると忘却が緩やかになる」ということが大切なのです.つまり「復習すると忘れにくくなる」のです.

これはまさしく,「復習すると長期記憶に移りやすくなる」ということになります.

長期記憶に残す勉強法が実力に繋がる.何度も思い出す作業によって,長期記憶として定着しやすくなる.

脳科学的な説明

脳科学的に簡単に説明すれば次のようになります.

脳は記憶をある程度の期間,脳の「海馬」と呼ばれる部分に保存します.「海馬」は一時的な情報の保管場所であり,この状態のまま情報を放っておくと,いずれ忘却します.つまり,情報が「海馬」にあるこの状態はいわゆる「短期記憶」の状態です.

例えば,「電話番号を聞いて少しの間だけ覚えている」とか「英単語を聞いて少しの間だけ覚えている」というのは,情報が「海馬」にある状態です.「海馬」にあるだけの情報はすぐに忘れてしまいます.

「海馬」は同じ情報を何度も受けると,その情報を「側頭葉」に送ります.この「側頭葉」に情報が送られて「長期記憶」となります.

ここで重要なのは,「短期記憶」と「長期記憶」が異なる部位に保存されている情報である,ということです.ですから,勉強するときの意識としては「『短期記憶』と『長期記憶』は種類が異なる記憶である」と思っておくぐらいが良いです.

さて,この記事の「実力」の話を交えるなら,「実力をつける」とは「情報を海馬から側頭葉に送ること」ということができます.

問題は,「短期記憶」ほど短くなく「長期記憶」ほど長くないような,何日かは覚えてるけど1週間たったら忘れているという記憶があります.このような記憶を「中期記憶」ということにします.

この「中期記憶」が実力をつけたいときには曲者になってきます.「中期記憶」の情報は数日後はまだ忘れていません.しかし,「中期記憶」の状態ではまだ情報が「海馬」にあると思ってください.

「中期記憶」の状態では「定期試験のときはまだ覚えているけど,試験が終わると忘れる」ということになります.すなわち,身に付いた気がするけど実際には身に付いていない状態なのです.

初めに「勉強の結果が実力として出てくるために必要な期間は早くて『1ヶ月』」と書きましたが,これは情報を「長期記憶」にもっていくには,その程度の期間が必要なのです.

毎日やる必要はありません.毎週日曜日は復習に充てるというのでもいいです.「中期記憶」と「長期記憶」の判断は難しいです.ですから,覚えたと思っても定期的に復習するようにしてください.

何にせよ,勉強は一度でできるようにはなりません.九九を一発で覚えられる人がいないように,一発で長期記憶に送れることはありません.そのことは常に意識しておくべきでしょう.

数日のうちに復習するだけでは,長期記憶に移ったかどうかは疑わしい.時間を空けて何度も復習して,確実に定着したことを確認する.

最後までお読み頂き,ありがとうございました!

良ければシェアボタンから共有をお願いします!

関連記事と記事一覧

以下,【関連記事】と【記事一覧】です.


記事一覧はこちら


SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

ページ

トップへ

記事

一覧へ

オススメ

参考書

Twitterを

フォロー