試験で後悔しないためにするべき確認

試験の答案が返ってきて,「ええ!俺,こんな答え書いたっけ?」と自分の答案を見て思ったことはありませんか?試験の直しをしていて,「そら,こんなん間違ってるに決まってるやん」となったことはありませんか?

例えば,「三単現のsが抜けていた」,「求めた確率が1より大きくなっていた」など,こういったことがあまりないというのならいいのですが,これが頻繁に起こっていると非常に問題です.

というのは,解答した問題の正解率を上げるのは,試験で点数をとるために非常に重要だからです.逆に,正解率が低いなら,それは試験でかなり苦戦を強いられることになります.

参考文献:2次試験の解答戦略|総合点を上げるための答案作成

続きを読む

最後まで読んで頂きありがとうございました!

良ければ下のシェアボタンから共有をお願いします.

関連記事

以下,関連記事です.

無限級数4|1=0.9999……は正しい?

無限級数3|無限等比級数の収束条件】の続きです.

この記事はコラム的な内容で,”0.999\dots“と小数第1位以下で無限に9が続く数と”1“が等しいのかどうかを考えてみます.

初めて聞いた人は「いやいや,どう見ても等しくないやろ」「等しそう」「うーむ,分からぬ……」と様々な考えが浮かぶと思います.

「無限級数」の知識がなければ”0.999\dots“の”\dots“の意味が曖昧なので手放しで正しいとは言い難いのですが,”1=0.999\dots“は実は正しいです.

「マジでか……」と衝撃を受ける人もいるかもしれませんが,この記事を読んで「なるほど」と思ってもらえれば嬉しく思います.

なお,途中からは無限級数の話に移っていくのですが,それまでは算数の知識さえあれば読めるので深く考えずにサクサク読んでください.

続きを読む

無限級数3|無限等比級数の収束条件

無限級数2|無限級数の収束条件と収束しない3つの例】の続きです.

「無限級数」は無限個の数の和というイメージであり,\displaystyle\sum_{k=1}^{\infty}a_kの形で書かれるものでした.

ですが,本来,無限級数は無限個の数の和ではなく,部分和の極限として定義されます.このことは【無限級数1|「無限級数」と「数列の極限」】で,詳しく書きました.

しかし,部分和の極限として話を進めるよりも,無限個の数の和として無限級数の話をした方が分かりやすいときもあるので,これらは適宜使い分けることにします.

この記事では無限級数の1つである「無限等比級数」について書きます.

無限等比級数は無限級数の中でも「収束,発散が簡単に判別でき,しかも収束する場合は簡単に計算ができる」という非常に分かりやすい無限級数だということができます.

続きを読む

無限級数2|無限級数の収束条件と収束しない3つの例

無限級数1|「無限級数」と「数列の極限」】の続きです.

この記事では「無限級数」の1つの「無限等比級数」について説明します.

ですが,「無限等比級数」の説明に入る前に,普通の「無限級数」の収束条件について書きます.

なお,本来「無限級数」はただの「数列の極限」ですが,「無限個の数の和」と考えたほうが説明しやすいこともあるので,その時々で説明しやすい方で説明します.

続きを読む

無限級数1|「無限級数」と「数列の極限」

無限級数は「数列の極限」が絡んでくるので数IIIの内容です.

「無限級数」とは「数列の項を無限に足し合わせたもの」というのが簡単なイメージです.

しかし,「無限に足し合わせる」という操作は数学では「極限」を使って定式化するため,「無限級数」は「極限」の分野に入ることになります.

また,「無限級数」というと身構える人も多いのですが,結局は「無限級数」も「数列の極限」と変わりません.しかし,初めて習う人は「無限級数」に戸惑うことも多いようです.

この記事で,「無限級数」が「数列の極限」に思えるようになってください.

【参考カテゴリー:数列

【参考記事:極限の基本2|「関数の極限」と「数列の極限」の違い

続きを読む

極限の基本2|「関数の極限」と「数列の極限」の違い

極限の基本1|lim(リミット)は何を意味しているのか】の続きです.

あまり意識はしないかも知れませんが,実は「関数の極限」と「数列の極限」には少し違いがあります.

しかし,この両者の本質はほとんど同じで,実際にはそこまで意識しなくても同じように解けてしまう問題も多いのですが,この違いが分かっていないと間違えてしまう問題も存在します.

高校数学ではこれらは別々のものとして教わることが多いですし,そう考える方が分かりやすいと思います.なので,この記事でもそれぞれを別のものとして捉え,その違いを説明します.

なお,「数列の極限」は実は数IIIの範囲なのですが,京都大学の2015年度入試の文系数学において数列の極限が出題されました.

しかし,「文系数学での数列の極限を出題するのはダメだ!」という声は聞きませんでしたし,出題されてもほとんどの文系受験生は気付かずに普通に解こうとするはずです.

ですから,文系受験生もいざという時のためにこの記事の内容を頭の片隅に置いておいても損はないでしょう.

一方,理系受験生は「数列の極限」も「関数の極限」も範囲内ですので,この違いを押さえておくことが望まれます.あまり意識してこなかった人は是非押さえておいてください.

続きを読む

極限の基本1|lim(リミット)は何を意味しているのか

「極限」には「関数の極限」と「数列の極限」の2つがありますが,この記事では数IIで習う「関数の極限」について扱います.

「数列の極限」と「関数の極限」の違いを知っておくことは重要ですが,これについては次の記事【極限の基本2|「関数の極限」と「数列の極限」の違い】で書くことにします.

平たくいえば,「関数の極限」とは,関数f(x)xをある実数aに近付けたときに,関数f(x)がどのような値に近付くのか,ということです.

とくに文系の人にとって,極限の概念は微分を学ぶ時にしか出て来ず,しかも微分を習った後はほとんど極限を扱うことはないので,あまり印象に残らないようです.

しかし,理系の人は数IIIでは極限を頻繁に使うことになりますから,確実に押さえておいてください.

続きを読む