ケアレスミスを減らすために効果的な勉強法

私は昔から重度のおっちょこちょいでケアレスミスで10点以上減点されるのは当たり前.ときには30点以上減点されるといったこともよくありました.

最も得意な数学で2問も問題を読み間違えてしまいました.1問30点で傾斜がかかり1.5倍されるので,この2問で90点を失点したこともあります,しかも入試の本番で.

私は周りの環境に特に敏感で試験中にペンが落ちる音などでもすぐに集中が途切れます.

いま,この記事を書いていても,自分でパソコンを打つカタカタという音が気になります.それほど注意力が散漫な私ですが,いまではだいぶケアレスミスが減りました.

続きを読む

2次試験の解答戦略|総合点を上げるための答案作成

多くの国公立大の合否はセンター試験と二次試験の結果を合算して判定され,私立大はセンター利用しない限り,基本的に二次試験の一発勝負になります.

二次試験の合格ボーダーラインを調べて,「今の実力で足りる,足りない」ということを考えることも大切です.

加えて,答案の作成の仕方を考えることも大切です.

特に,「どの問題を捨てて,どの問題を取りに行くか」,「どれくらい解答するか」という戦略を立てることも効果的です(正直なところ,そんなことをしなくても合格できるようになって欲しいところではありますが……).

この記事では,答案の解答戦略について書きます.

続きを読む

入試が怖くなってしまう人へ|今すべきことは何か

この記事はある意味極論かもしれません.この記事の書いてあるほどストイックに勉強することはできないかもしれません.

しかし,この記事で書くような心の持ち方を知ってをおくだけでも十分意味のあることだと思います.

この記事はそんな軽い気持ちで読んでもらえれば十分です.

受験生は挑戦者です.

大学入試は「落とすための試験」ですから,入試問題に振り落とされないだけの腕力を身につけるように常に自分を高めていかなければなりません.

ですから,自分が入試までにどのレベルに達しておくべきか目標を掲げ,それに向かっていくことが必要です.

また目標を掲げることで実際に今何をすべきかが分かり,成績の伸びも違ってきます.

目標設定の重要性については【苦手科目の成績をアップさせる3つのポイント】で書いています.苦手科目以外でも目標設定は重要ですから,ぜひ読んでおいてください.

続きを読む

クラス授業の2つのメリットと2つのデメリット

学校では毎日クラス授業を受けるでしょうし,予備校に通っている人は学校が終わってからもクラス授業を受けるかもしれません.

教師が一度の喋るだけで多くの生徒に対して授業ができるので,教育システムとしてクラス授業はとても便利です.

また,多くの場合,クラス授業は絶対視されがちなのですが,授業だけで満足していては危険であることにも気をつける必要があるでしょう.

かといって,一方で授業を軽視するのももったいないことでもあります.

クラス授業には,メリットとデメリットの両方があることをしっかり意識しておくことは大切です.

続きを読む

計算ミスを減らす方法

もし「計算ミスをしない」というのが実現できれば,点数に結びつくことは間違い無いでしょう.計算に不安がなければ,立式に全力を注げばいいからです.立式できた時点であなたの勝ちです.

しかし,残念なことに,計算ミスは起こるものです.

では,計算ミスの原因が何かというと,それは単純に注意不足でしょう.ですから,全力で注意しながら計算すれば,確実に計算ミスは減ります.

一方で,そこまで注意しながら計算すると,計算ミスはしなくても,試験では時間が足りなくなってしまうでしょう.

このように,(当たり前のことですが,)計算には「正確性」と「スピード」が要求されます.

続きを読む

希硫酸,濃硫酸,熱濃硫酸の違いと7つの性質

硫酸は化学のいたるところで登場する物質で,様々な性質があります.そのため,登場する場面によって硫酸のどの性質がはたらいているのかを考えることは非常に重要です.

硫酸と一言で言っても,濃度や温度の違いで希硫酸,濃硫酸,熱濃硫酸の3種類に分けられ,異なる性質をもちます.この記事では硫酸の性質を希硫酸,濃硫酸,熱濃硫酸の3種類に分けてまとめました.

なお,「濃硫酸」は接触法により生成されます.接触法については「工業的製法3|接触法」で説明しているので参考にしてください.

続きを読む

部分積分を使わずに積分を楽に計算する方法

不定積分\displaystyle\int e^x\sin{x} dx\displaystyle\int e^x\sin{x}\cos{x} dx部分積分を使って計算する方法が教科書にも載っており,よく知られています.

これらの問題は部分積分を何回も使う必­要があり,計算量が多くなりがちでミスしてしまうことがよくあります.

そこで,部分積分を使わない計算量を減らすことができる計算方法を動画で紹介しました.

続きを読む