【SPONSORED LINK】

古文形容動詞の基本|ナリ活用,タリ活用と使い分け

古文形容詞の基本|ク活用,シク活用,本活用,補助活用】の続きです.

古文において,形容詞と同じく,形容動詞は文法的にはそこまで難しいものではなく,問題になるのは「意味」と「活用」です.

このうち,「意味」は古文単語帳などで覚えてください.この記事では,形容動詞の「活用」について説明します.

現代語の形容詞の活用は1種類しかありませんが,古文の形容詞の活用には「ナリ活用」と「タリ活用」の2種類があります.この2種類の活用はほとんど同じです.

ですから,「ク活用」と「シク活用」は共に大切で活用を覚える必要はありますが,一方を覚えてしまえば他方は比較的簡単に覚えることができます.

また,形容動詞には形容詞のような本活用,補助活用に相当するものがなく,形容詞よりもさらに簡単です.

続きを読む


古文形容詞の基本|ク活用,シク活用,本活用,補助活用

古文動詞の基本2|紛らわしいア行動詞,ワ行動詞の判別】の続きです.

古文において,形容詞は文法的にはそこまで難しいものではなく,問題になるのは「意味」と「活用」です.

このうち,「意味」は古文単語帳などで覚えてください.この記事では,形容詞の「活用」について説明します.

現代語の形容詞の活用は1種類しかありませんが,古文の形容詞の活用には「ク活用」と「シク活用」の2種類があります.しかし,活用を2種類に分けているのは便宜上の理由で,活用が2種類あっても本質的に両者にほとんど違いはありません.

ですから,「ク活用」と「シク活用」は共に大切で活用を覚える必要はありますが,一方を覚えてしまえば他方は比較的簡単に覚えることができます.

また,形容詞の活用では,「ク活用」と「シク活用」のそれぞれに「本活用」と「補助活用」があります.以下でも説明していますが,「補助活用」を用いるのは「命令形を使うとき」と「助動詞が続くとき」で,それ以外は本活用を用いるのが基本です.

続きを読む


古文動詞の基本2|紛らわしいア行,ヤ行,ワ行動詞の判別

古文動詞は様々な種類の活用があるのでした.その際,

  • 3つの変格活用 (カ変,サ変,ラ変)
  • 上一段活用
  • 下一段活用

は数が限られているため,これらの動詞を先に覚えてしまえばスムーズに活用による分類ができることを前回の記事で説明しました.

さて,このような「活用」による分類とは別に,「行」による分類もあります.行による分類の中でも

  • ア行動詞
  • ヤ行動詞
  • ラ行動詞

も限られたものしかないので,これらも覚えてしまうのがよいでしょう.

また,これらの判別の仕方も大切なので,しっかり判断できるようになっておいてください.

続きを読む


古文動詞の基本1|動詞の活用の基本の総まとめ

古文文法の中でも,「動詞」は非常に重要な位置を占め,「動詞の活用」を間違えると全く違う意味になってしまうことさえあります.

したがって,文章中で出てくる動詞の「活用形」が未然形,連用形,終止形,連体形,已然形,命令形のどれなのかは確実に言えるようになっておかなければなりません.

「活用形」の判断は非常に理論的で,手順を覚えてしまえば全く難しいことはありません.しかし,実際にはめんどくさがって何となく読んでしまう人が多く見受けられます.

慣れてくれば「活用形」は自然に判断できるようになりますし,むしろそれくらいでないと読解ではもっと時間をかけるべきことがありますから,「活用形」の判断が遅いだけで他の受験生に後れを取ってしまいます.

続きを読む


図形と方程式9|2円の共有点を通る円と直線

図形と方程式の基本8|円の接線の方程式】の続きです.

前の記事と2つ前の記事で,直線と円の関係について書きました.

この記事では,2つの共有点をもつ円C_1と円C_2が与えられたときに,それら2つ共有点を通る円(または直線)の方程式がどのように求められるのかを考えます.

この公式はこれは単に式を覚えるだけでは,問題に対応できなくなる恐れがあります.なぜ,そのような公式が成り立つのかを理解するようにして下さい.

とくに,この記事の「注意」の部分はよく理解するようにして下さい.

続きを読む


図形と方程式8|円の接線の方程式

図形と方程式の基本7|円と直線の共有点】の続きです.

前の記事では,どのようなときに

  1. 直線と円がちょうど2つ共有点をもつ
  2. 直線と円がちょうど1つ共有点をもつ(接する)
  3. 直線と円が共有点をもたない

となるのかについて説明しました.この記事では,2の「直線と円がちょうど1つの共有点をもつ(接する)場合」について,接線が円に対してどのように得られるのかを説明します.

続きを読む


図形と方程式7|円と直線の共有点

図形と方程式の基本6|円の方程式】の続きです.

前回までの記事で,直線の方程式と円の方程式について一通り書きました.

次は,直線と円の関係について考えます.円と直線の位置関係は,

  1. 直線と円がちょうど2つ共有点をもつ
  2. 直線と円がちょうど1つ共有点をもつ(接する)
  3. 直線と円が共有点をもたない

の3種類あり,直線の方程式と円の方程式が与えられたとき,上の1~3のどれになるのかを判別出来るようになっておかなければなりません.

続きを読む


記事

一覧へ

Twitterを

フォロー

TouTube

を見る

オススメ

参考書